韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  雪解け進む中・日、取り残される韓国

雪解け進む中・日、取り残される韓国

日本は23日に発表した「平成31年版外交青書(外交青書2019)」で、「韓国側による否定的な動き」が相次いだため、韓日関係は「非常に厳しい状況に直面した」と記述した。日本は毎年発表する外交青書で、昨年10月の韓国大法院(最高裁判所)による徴用被害者賠償判決に続き、日本の自衛隊機哨戒機に対するレーダー照射問題などで悪化した両国関係に念頭に、上の通り規定した。

昨年発表された日本の外交青書には「日韓関係に厳しい問題も存在するが、日韓関係を未来志向の新時代へと発展させていく」という文があったが、今年は「未来志向」という表現も削除された。日本政府はその代わりに「日本政府として一貫した立場に基づき対応していく」という表現を使用した。

韓日関係は今、6月に大阪で開催される主要20カ国(G20)サミットで韓日首脳会談を行わないという報道が既に出ているほど最悪だ。5月1日に新天皇が即位した後、ドナルド・トランプ米大統領や習近平中国国家主席はG20サミットとは別に日本を国賓訪問することが予定されているが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は予定がない。日本の大衆月刊誌は先日、「『日韓断交』完全シミュレーション」という特集記事を掲載するほど、日本の一部メディアは韓日関係を深刻に取り上げている。

スポンサードリンク
韓中関係も終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐる確執で摩擦が生じた時に比べれば回復局面にあるが、全面的な関係正常化には程遠い状況だ。観光分野では中国国内の一部の地域に限り韓国への団体観光制限が解除されているだけで、韓国行きツアーのインターネット販売禁止・チャーター便運航禁止・クルーズ船禁止という「三不」は依然として適用されている。
http://www.chosunonline.com/

安倍晋三首相は16日、程永華駐日中国大使と公邸で昼食を共にした。首相が外国大使と個別の昼食会を開くのは珍しい。5月上旬までに行われる大使交代前に、在任期間が歴代最長の9年を超えた程氏に敬意を表すのは異例と言える。2012年9月の日本政府による尖閣諸島(沖縄県石垣市)の国有化に中国当局が反発し、日中関係は冷え込んだ。だが昨年5月以降の李克強首相と安倍首相の相互往来を実施するまでになった。さらに今年6月に大阪で開くG20首脳会合に合わせて中国の習近平国家主席が来日する予定もあり、政治的に日中が歩み寄りをしつつある。

靖国神社の春季例大祭が23日終了し、21日からの期間中、安倍晋三首相と閣僚による参拝はなかった。改善基調の中国との関係に配慮した形だ。米中貿易に揺れる中国と、企業成長戦略鈍化の日本がアジア経済をけん引するためには、世界の市場となる中国との関係改善は不可欠となる。アジアのリーダー国とアジアの市場大国が大人の関係を見せたという事だ。それぞれに思惑はあるにせよ、自国防衛を含め、経済協力と言うのは不可欠となる。

関連記事

[ 2019年04月24日 12:07 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
六か国協議から10年
かつての六か国協議は、米中朝韓露日の六か国。
これが、米日中グループと、露朝グループと、単独の韓国
という3つのかたまりに変化した。

最もきびしい変化は、北朝鮮と韓国の関係の先鋭化だ。
金正恩は文在寅の二枚舌、二重スパイ的行動を嫌ったようだ。
トランプも同じ理由で韓国と距離をおく。
・・・これが「取り残される韓国」の現状、
文在寅がいなくなれば、局面はまたがらりと変わるだろう。
[ 2019/04/24 18:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp