韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、「半導体ビジョン2030」発表…13兆円投資・1万5千人採用

サムスン電子、「半導体ビジョン2030」発表…13兆円投資・1万5千人採用

サムスン電子が「半導体ビジョン2030」を発表して、2030年までにシステム半導体分野の研究開発・生産施設の拡充に133兆ウォン(約13兆円)を投資して専門担当者1万5000人を採用すると明らかにした。

24日、サムスン電子によると、システム半導体事業の競争力強化のために、2030年までに韓国内のR&D分野に73兆ウォン、最先端生産インフラに60兆ウォンを投資する。華城(ファソン)キャンパス新規EUV(極紫外線)ラインを活用して生産量を増大し、国内新規ラインへの投資も引き続き行っていく。また、技術競争力の強化のためにシステム半導体R&D・製造専門担当者1万5000人を採用する。

このような計画が実行された場合、2030年までに年平均11兆ウォンのR&D・設備投資が執行されて生産量が増加しながら42万人の間接雇用誘発効果が発生することが予想されるとサムスン電子は説明する。

スポンサードリンク
サムスン電子はまた、システム半導体インフラと技術力を共有してファブレス(Fabless、半導体設計専門業者)、デザインハウス(Design House、設計サービス企業)など国内のシステム半導体生態系の競争力を底上げしていく方針だ。
https://japanese.joins.com/

システムLSIとは何か。マイクロプロセッサー、メモリー、周辺ロジックを1チップに集積したデバイスで、SoC(system on a chip)の同義語として使う半導体メーカーもあれば、ロジックICの別称として使うメーカーもある。日本勢もルネサスエレクトロニクスがマイクロコンピューターで、ソニーがスマホや自動車に使うCMOSセンサーでそれぞれ世界トップクラスのシェアを握るなど、高付加価値品で強みを発揮している。

サムスン電子が「半導体ビジョン2030」を発表しても、すでに他国のシステムLSI技術は、さらなる進歩を遂げるだろう。企業買収しない限り、そう簡単に追いつける技術ではない。サムスンもSKハイニックスもメモリー半導体技術だけであるから、今後の投資内容によっては空振りに終わる可能性もある。

関連記事

[ 2019年04月24日 16:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
これから始める
この話は、ここに出てくる。
Samsung aims to become No. 1 IDM by 2030 with W133tr investment
http://www.koreaherald.com/view.php?ud=20190424000561

どうやら、サムスンはメモリ好況の1年間に次の経営策を何も
しなかったようだ。システム半導体セクターに、人も技術インフラ
も工場もこれから始める。
ファブレスの細かい仕事も取りに行くというから、売り上げの
ソロバンが立たないようだ。かなり危機感が見えます。

日本国内でもエンジニアの募集が始まった。
年収1000万円~/設計・開発エンジニア
サムスン日本研究所 神奈川県
[ 2019/04/24 21:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp