韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  トランプ氏の5・6月訪日 「どう活用するかが重要」

トランプ氏の5・6月訪日 「どう活用するかが重要」

韓国の金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官は25日、国会議員会館で行った南北首脳会談1周年の記念講演で、トランプ米大統領が5月と6月に日本を訪問することについて、「そのような契機をどう活用するかが非常に重要な課題」と述べた。

また、「韓米首脳会談を通じ、(朝鮮半島の平和)プロセスを改めて始めたことが非常に重要な意味があり、きょうは北とロシアの首脳会談が始まる」と言及した。2月末の米朝首脳会談が決裂して以降、韓米・ロ朝首脳会談が開かれ、トランプ氏が北東アジアを訪問するなど、首脳外交が相次いで行われることを受け、非核化交渉のモメンタム(勢い)を取り戻していく必要があるとの認識を示した発言とみられる。

一部では韓国政府がトランプ氏の訪日に合わせ、同氏の韓国訪問を調整しているとの見方も出ている。トランプ氏は5月25~28日に日本を国賓として訪問し、6月28~29日に大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席する。

スポンサードリンク
政府は19日の閣議で、トランプ米大統領とメラニア夫人を5月25日~28日の日程で国賓として日本に招くことを決めている。皇太子様が5月1日に新天皇に即位された後、最初に会見される国賓となる。菅官房長官は19日の記者会見で「新たな令和(れいわ)の時代に初の国賓として迎えることは、日米同盟の揺るぎない絆を象徴するものだ」と述べている。改元後にトランプ氏を国賓として招くことで、強固な日米同盟を世界にアピールする。

産経ニュースでは、トランプ氏は滞在中、新天皇、皇后両陛下との会見や宮中晩さん会を予定しているとし、安倍晋三首相との会談では、北朝鮮の非核化や拉致問題解決に向けた協力、日米の貿易交渉などが議題になる見通しだと報じている。また日米両政府は5月26日に東京・両国国技館で開かれる大相撲夏場所千秋楽の観戦や、海上自衛隊最大の護衛艦「かが」の視察も検討しているという。

今月26日午後(日本時間27日午前)にワシントンでトランプ氏と1対1の会談を行う。2月にベトナムで行われた米朝首脳会談の詳細について、トランプ氏から直接説明を受けるとともに、北朝鮮政策をすり合わせるとの事。文大統領にすれば落ち着かない日々となる。立ち寄ることがなければ、よりいっそう孤立が高まる。文氏がいつまで持つかは風前に灯となった。

関連記事

[ 2019年04月25日 16:21 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp