韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「パリセードの効果」現代自が持ち直しに拍車

「パリセードの効果」現代自が持ち直しに拍車

スポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)が現代(ヒョンデ)自動車の今年第1四半期(1〜3月)の業績を導いた。パリセードなどのSUVの新車効果で、第1四半期の営業利益が2017年第3四半期以来6期ぶりに前年同期比上昇した。しかし、グローバル市場の萎縮、中国市場の不振などで、傾向的回復を期待するのは早いという評価だ。

24日、現代自は第1四半期の売上高が23兆9871億ウォン、営業利益は8249億ウォンで、前年同期比それぞれ6.9%と21.1%伸びたと発表した。販売台数は102万1377台で、中国景気減速や欧州環境規制の影響のため、前年同期比2.7%減少した。

現代自は、第1四半期の収益性が良くなったことに注目している。販売台数の減少にも関わらず、売上高と営業利益が改善したことは、それだけ付加価値の高い車種を売り、ディーラーに提供するインセンティブを減らしたという意味だからだ。現代自のチェ・ビョンチョル財経本部長(副社長)は同日のカンファレンスコールで、「SUV新車の販売好調と製品ミックス(多様な製品群を確保)の改善効果が本格化したことで質的成長を導いた」と語った。

スポンサードリンク
実際に収益性改善の兆しは、様々な指標から明らかになった。営業利益率は昨年第3四半期は1%台まで落ちたが、今年第1四半期は3.4%まで上昇した。SUV販売台数の割合も、昨年第1四半期の34.3%から38.0%に高まった。現代自の弱点と言われた貧弱なSUVラインナップが、昨年、新型サンタフェ、パリセードの発売によって強化され、収益性改善の立役者となったのだ。
http://japanese.donga.com/

2019-04-24-k003.jpg

現代自の中国と米国での新車販売台数は、中国で3%、米国で2%程度しか上昇していない。昨年から売れない事であふれた在庫を処理するために、現代自と起亜自は欧州への輸出を増やして、販売増を実施したはず。しかし欧州でも売れない状況なわけで、台数確保で値段を下げて在庫調整するしか方法は無かったはず。つまり利益が上昇と言うのには裏があるという事だ。現実新車販売ではまだ多くの在庫を持つ。自国メディアはそういう部分を報じない。

関連記事

[ 2019年04月26日 08:07 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp