韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  経済危機でもないのに-0.3%逆成長ショック

経済危機でもないのに-0.3%逆成長ショック

成長はなかった。直前四半期に韓国経済は後退した。韓国銀行が25日に発表した1-3月期の実質国内総生産(GDP)増加率(速報値)は-0.3%(前期比)を記録した。 世界金融危機の時の2008年10-12月期(-3.3%)以降、10年3カ月ぶりに最も低かった。2017年10-12月期(-0.2%)以降、5四半期ぶりのマイナス成長率だ。景気不振が数値で確認されたことを受け、政府支出をもっと増やして基準金利を下げるべきだという市場の圧力は強まる見通しだ。

1-3月期の成績表で見る韓国経済は総体的難局だ。消費と投資・輸出のどれ一つとして頼れるところがない。韓国経済のエンジンだった輸出は冷めている。1-3月期の輸出は前期比2.6%減となった。 半導体など主力産業の不振の中で投資は急落した。設備投資の増加率は3カ月前より10.8%縮小した。通貨危機直後である1998年1-3月期(-24.8%)以降、21年ぶりに最も低い水準だ。 建設投資(-0.1%)は再びマイナスに転じた。民間消費(0.1%)と政府消費(0.3%)は、崩れていく輸出と投資を食い止めるには力不足だった。

スポンサードリンク
「成長率ショック」に株価と為替は同時に落ちた。25日、証券市場でKOSPI(韓国総合株価指数)は前日より10.53ポイント(0.48%)落ちた2190.50で取り引きを終えた。終値基準としてKOSPIが2200線を下回ったのは今月2日(2177.18)以降、約3週間ぶりだ。KOSDAQ(コスダック)も前日より7.39ポイント(0.98%)落ちた750.43で取り引きを終えた。 この日、ソウル外国為替市場でウォン相場は1ドル=1160.5ウォンで、前日より9・6ウォンのウォン安ドル高となった。これは2017年1月以降、2年3カ月ぶりのウォン安となる。
https://japanese.joins.com/

中央日報は、経済危機に直面し始めると、経済危機ではないと言う記事を掲載する。実に分かりやすいメディアである。今が危機でなくて何が危機なのか…。韓国の特性上、財閥企業は外資系企業であるから、韓国から出れば生き延びるすべはある。現代自などは海外に出ればまだ生き延びるだろう。サムスンはすでに米国に向かっている。LG電子もスマホ事業をベトナムに移す。現代自以外の自動車工場はGMにしても撤退が近い。造船業は自国政府の税金補てんで経営をつないでいるが、それもすぐに限界が来る。財閥1つ海外に拠点移動しただけで、関連した中小企業は倒産の嵐になりかねない。

財閥は貴族と同じであるから、取り囲む自国民とともに成長してきたわけで、その枠の中に中小の企業がある。この構図が崩壊しつつあるわけで、これが危機でなくて何が危機なのか…。韓国経済の中で財閥企業は生き延びるすべがあるのは事実。従って国家破綻が先に来ると説明したわけで、すでに1ドル1150ウォンよりウォン安になっている。今度通貨危機が起きれば、企業成長の中での過去と違って、成長が止まった状態では、国の立て直しすら難しい。

関連記事

[ 2019年04月26日 08:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
昼飯はカップメン
言ってるところのマイナス成長は金額ベースの話で、
数量ベースでどうなのかは見えない。
数量を維持して金額マイナスなら、単価下落ということで、
デフレ突入か、あるいは安い品物にシフト、だろう。
庶民の昼飯にカップメンが売れる、といった現象。
半導体メモリの「不振」が言われるが、これは局地的なことで、
買い溜めした在庫が小出しに消費されていて、なくなれば
また買いに来る。

おそらく、韓国経済は数量ベースで縮小している。輸入国が
買い付け先を韓国から別の国に変えるケースが増えたのではないか。
日韓関係悪化が交易に影響だと騒がれるが、そもそも魅力のある
韓国製品が少ないから買わない・売れないということ。
[ 2019/04/26 12:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp