韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  中露朝の戦略・戦術的協力体制備えた正恩氏、次のステップは?

中露朝の戦略・戦術的協力体制備えた正恩氏、次のステップは?

25日、ロシア・ウラジオストクで3時間余りの間行われた露朝首脳会談の結果を北朝鮮メディアが26日、1600字余りにまとめて報じた。昨年3月に金委員長が就任後初めて中国を訪問した時(1500字余り)と同様の分量だ。しかし、中国訪問の結果では伝統的友好関係の復元と交流協力に焦点を合わせていたが、今回は交流協力の強化と▼経済貿易関係の向上▼韓半島(朝鮮半島)情勢▼プーチン大統領の答礼訪問など細部にわたる広範囲の内容が盛り込まれた。1泊2日の中国訪問と比べて相対的に「短い」会談だったが、深い議論が交わされたという意味だ。

特に目につく点は金委員長が「戦略・戦術協力」に言及したという点だ。朝鮮中央通信は「重大な峠に直面した朝鮮半島情勢の推移について分析評価した」とし、「朝・露両国が朝鮮半島と地域の平和と安全保障のための旅程で戦略的意志疎通と戦略的協同をうまく行っていくための方法的な問題について真剣に議論した」と伝えた。非核化という表現を使ってはいないが今後の北朝鮮の非核化交渉過程で双方の緊密な協力を約束したことを意味するものと見られる。朝鮮中央通信は「会談で双方は今後互いの理解と絆をさらに密接にしていき、地域の平和と安全保障のための戦略的な協同を強化していくことにした」と明らかにした。

スポンサードリンク
金委員長は昨年3月、習近平中国国家主席に会った時も「戦略的意志疎通と戦略戦術的協同」を強調した。更に昨年5月の大連会談の時は習主席が「両国の戦略的意志疎通が地域の平和と安定、繁栄に積極的に寄与するだろう」と話し、中朝間の共同戦線を約束した。更にロシアも北朝鮮と「戦略的」協力に共感したことで今後の北朝鮮の非核化過程で「北方三角関係」と呼ばれる中露朝が共同戦線を展開する可能性が高まった。中露両国は直間接的に北朝鮮の非核化解決法である段階的・同時的方案を支持してきたが、更に明確化できる土台が用意されたことになる。
https://japanese.joins.com/

筋書き通りの動きともいえる。北朝鮮のバックとなるロシアと中国で、米国はどのように対応するのかは大きな関心ごととなる。朝鮮戦争時代に逆戻りした雰囲気だ…。本来ならば日米韓で対抗するのだろうが、韓国は論外孤立であるし、日本は敗戦後の復権において、防衛のみしかできない。米国にとっては大きな圧力となる。がしかしそこはトランプである。ビジネス対応を考慮すれば、ロシアと中国に非核化を振って終わる可能性もある。今の米国は損得で考えるだけに、歴史にとらわれず動くだろう。米国は自国が安全であればそれで良い。

となると北朝鮮は大国編入も考慮する可能性がある。大国となるロシアも中国も核保有国であるから、北朝鮮が大国編入しても核保有は維持される。その管理は大国に委ねることになるだろう。残るは韓国。米国は韓国の場所は手放さない。韓国民を蹴散らしても、在韓米軍を監視の目として残すだろう。日本と別れて米国だけでは心もとないのは明確であるから、日米+αで考えるだろう。そこには韓国は無い。もっとも大統領が変わり、米国に忠誠と誓うならば別だが…。

関連記事

[ 2019年04月26日 18:40 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp