韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  日韓レーダー照射問題が再燃、韓国警告「接近なら軍事的措置」

日韓レーダー照射問題が再燃、韓国警告「接近なら軍事的措置」

日本と韓国が対立を深めているレーダー照射問題が再燃した。日本の哨戒機が韓国の艦艇に近接飛行する場合、軍事的措置を取ると韓国側が警告し、日本政府が撤回を要求していたことが明らかになったためだ。韓国紙は「対立が第2ラウンドに入った」などと先行きを危ぶんでいる。

再燃のきっかけは22日付の読売新聞の記事。記事は「韓国政府が日本側に対し、日本の自衛隊機が韓国艦艇から3カイリ(約5.5キロ)以内に接近した場合は火器管制レーダーの照射を警告すると通知した。日本側は友好国に対する過度な軍事措置を撤回すべきと要求したが、韓国は応じない立場を明らかにした」などと伝えた。

これに対し、韓国国防省と韓国軍合同参謀本部は22日午前の段階でいったん「事実無根」と否定したが、午後になって前言を撤回。「日本側との対立が深刻なレベルにあった今年1月、日本の(駐韓大使館の)武官を招致して『日本の哨戒機が韓国の艦艇の3カイリ以内で低空威嚇飛行をしたら、韓国の艦艇・人員の保護のため追跡レーダー照射前の警告通信を行うこともあり得る』と言ったことはある」と認めた。同時に「非公開の実務会議の事案を日本側が一方的に公開したことに対し、強く遺憾を表したい」とも述べた。

スポンサードリンク
朝鮮日報は「対立を縫合する段階に入ったといわれていた『哨戒機・レーダー照射』問題にまたも火が付き、韓日対立が再び増幅されかねないという懸念が強まっている」と危惧。「外交専門家らは現在の韓日関係における最大の問題として、両国政府と政治指導者に解決の意思が見られないという点を挙げている」と言及し、金聖翰・高麗大学国際大学院長の「韓国政府は韓日関係が重要だと理解しつつも、世論などを意識して放置している」との見方を紹介した。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-04-26-k001.jpg

レーダー照射されたら、攻撃すればよいのだが、自衛権は認められる反面、現行の哨戒機にとって、駆逐艦へ単独で攻撃を仕掛けることは自殺行為となる。他国の哨戒機が対艦ミサイルを発射したとしても、「広開土大王」は遠距離の「シースパロー」、中距離の艦砲、近距離のCIWS 30mm機関砲による三段構えの迎撃手段を持ち、1発や2発程度の対艦ミサイルでは、この多層防御を打ち破ることは困難だ。現代戦における「航空機 VS 軍艦」は、圧倒的に軍艦が強く、航空機側は退避する以外に手は無い。実際、P-1も退避行動をとっている。

日本はレーダー照射をされた時点での自衛権と韓国の敵艦攻撃において検討する必要がある。

関連記事

[ 2019年04月27日 08:31 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp