韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  米国では日本車が売れているのに、なぜ日本では米国車をほとんど見ないのか

米国では日本車が売れているのに、なぜ日本では米国車をほとんど見ないのか

2019年4月25日、新浪財経は、米メディアの報道を引用し、日本で米国車をほとんど見かけない理由についての記事を掲載した。
記事は、米ニュース専門放送局CNBCの記事を引用。「米国の道路や駐車場で多くの日本車を見かけるが、米国の自動車メーカーは日本市場をほぼ放棄している。日本は世界第三の自動車市場であるにもかかわらずだ」と伝えた。

記事によると、トランプ大統領や米三大自動車メーカーのゼネラルモーターズ、フォード、フィアット・クライスラー・オートモービルズの全米自動車政策評議会も、この現状は不公平だと考えているという。しかし、業界関係者はこの状況について「日本の自動車市場の独特な特徴」と関係があると分析しており、「米国企業は日本人が好むような自動車を製造しておらず、日本へ投資してディーラーを設立することもしていない。しかも日本人消費者の多くが、米国車は信頼性が低く効率が悪いと考えている」と問題点を指摘した。

CNBCは、「日本で販売される自動車の約40%が軽自動車」と指摘。国土の狭い日本では、小型車の敏しょうさや効率性が好まれ、狭い道でも運転がしやすく駐車もしやすいメリットがあることを伝えた。

スポンサードリンク
米Center for Automotive ResearchのKristin Dziczek氏は、「米国と比べると、日本の市場と消費者は異なっている」と指摘。記事は「日本では米国の自動車には関税がかからないが、米国は日本の消費者のために自動車を造っていない」とし、同氏が「北米の消費者のために生産した車を彼らに売っている」と述べたことを伝えた。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-04-26-k002.jpg

日本は軽自動車大国であると同時に、軽自動車技術は非常に高度な技術である。あの小さな車体にハイブリッド機能や、高級車に搭載する様々な機能が満載だ。他国は真似できない。また日本の道路事情を考慮した日本向け設計車も実施していない。日本は特殊で、日本の自動車産業は自国産業で潤っている。とても参入は出来ないだろう。インドをはじめとする他の新興国でも日本企業は圧倒的な優位性を持つ。今後は軽自動車メーカーもトヨタなどと連携し、さらなる技術アップを図るだろう…。唯一小型電気自動車分野ではまだまだテスト状態。この分野に参入は可能かも…。

関連記事

[ 2019年04月27日 08:51 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp