韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国自動車市場で日本車に圧倒される韓国車

中国自動車市場で日本車に圧倒される韓国車

記者は今月17日、上海市閔行区にある起亜自動車の販売店を訪れた。従業員2人が座っているだけで客の姿は見えなかった。販売担当者が無言で記者一行を迎えた。こちらから中型セダン「K5ハイブリッド」の価格を尋ねると、従業員の1人が立ち上がり、「定価は22万9800元(約383万円)だが、18万9800元まで値引きを行うセールを実施中だ。

全額現金ならさらに値引きが可能だ」と答えた。販売担当者のYさんは「セールを行っても以前のような人気は取り戻せていない。中国では韓国車が危うい状況にある」と話した。

現代・起亜自が世界最大の自動車市場である中国で日本車と中国車の板挟みになっている。2017年に韓国への終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備による後遺症で中国国内での販売台数が急減したと聞いていたが、実際に現場で肌で感じた状況はさらに危機的なものだった。

現代・起亜自は2016年まで中国市場で好調を維持していた。同年は全世界の有力ブランドが全て進出している中国市場で販売台数は現代自が6位、起亜自が11位を占めていた。

スポンサードリンク
しかし、両社の順位は昨年、それぞれ9位、21位に後退した。現代自の今年1-3月の販売台数は前年同期比18.4%減だった。11-14年は中国市場で10%台のシェアを記録していたが、今年3月時点のシェアは3.9%まで低下した。販売台数の落ち込みを受け、現代自は北京第1工場の閉鎖を決定し、起亜自は塩城第1工場(江蘇省)での起亜自モデル生産を中断した。
http://www.chosunonline.com/

中国市場で売れない韓国車が他国で売るのは難しい。なぜなら他国でも中国車や日系車と競争するわけで、中国で勝ち抜くことが他国でも生き延びるすべとなる。韓国車が伸びた背景には、その国に対応したデザインや機能等などがあった。ところが致命的となる品質低下が下落してゆく原因となった。エンジンからピストンが跳びだすなど、或いは火災などなど…。米国では莫大な台数のリコール訴訟へ発展しているわけで、現実リコールとなれば致命的となる。昔はデザイン重視で程々売れる時代があったのも事実。

だが近年は自動運転とエコ技術に加えて、品質は特に重要視されつつある。トヨタが社長直下の品質管理部門を廃止したのちに品質低迷期となり、今日までいまだ復活していない。それだけ品質保証部門のノウハウ蓄積と言うのは重要となる。さらに言えば政府による外交は中国にとっては不可欠だ。外交ができない韓国では無理となる。

関連記事

[ 2019年04月27日 09:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp