韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  国のカネを使うことにかけては天才的な韓国政府

国のカネを使うことにかけては天才的な韓国政府

文在寅(ムン・ジェイン)政権はすでに500兆ウォン(約50兆円)を上回る巨額の予算を組んでいる。予算は毎年平均35兆ウォン(約3兆5000億円)のペースで急激に増加している。これに加えて数兆ウォン(数千億円)規模の補正予算も3回組まれた。

国の借金は1700兆ウォン(約170兆円)に達しているが、それでも政府は使うことしか考えていない。選挙を前に突然2兆ウォン(約2000億円)以上の高校無償化を発表し、今後も48兆ウォン(約4兆8000億円)をつぎ込んで全国に「生活SOC(社会間接資本)」を建設するという。事前調査なしに24兆ウォン(約2兆4000億円)に上る地域事業を推進し、さらに特別市・広域市・特別自治市・道に対しては各地の開発事業に総額134兆ウォン(約13兆円)を支援する約束を行った。

雇用対策にはすでに70兆ウォン(約7兆円)の予算がつぎ込まれたが、民間の雇用は逆に減った。「文在寅ケア」によって健康保険財政はマイナスが膨らみ、国民年金や基礎年金には毎年15兆ウォン(約1兆5000億円)が今後さらに投入されるという。それでも将来、予算を雇用対策や福祉に投入するなどと聞こえがいいことばかり宣伝している。

スポンサードリンク
先日大統領府の関係者に取材したところ「政府による予算の投入はもっと必要だ」と語っていた。与党・共に民主党所属の国会企画財政委員長は「国民の空になった財布は国が満たさねばならない」と述べた。しかし今政府が気前よく使っている国の金は国民が出したものだ。効果もはっきりしない選挙用の政策宣伝のために浪費してよいものではない。国の金庫は使うのはたやすいがためるのは難しい。政府も与党も金の恐ろしさを知るべきだ。ある与党議員は「政権幹部の多くが自分で金を稼いだことがない」と語る。
http://www.chosunonline.com/

税金があるうちは対応できることも、税収が不足し、補正予算だけでは、負債大国は近いうちに破綻する。政府は財閥企業が低迷となるたびに公的資金を投入し、雇用を維持する反面、赤字受注で他国企業を圧迫し、自国企業の成長戦略を鈍化する。また高齢化社会に突入し税収不足は加速的に進むだろう。年金も破綻しかねない。政府の対応は税金投入だけでしかない韓国だが、事あるごとに税金を投入するのでは、政治としては負債だけが加速し、無能政治としか言いようがない。すでに地方の老朽化は加速的に進み、対応するには天文学的数値となる資金が必要だ。そうでなくとも地方債務は莫大な赤字である。

今まで実施してきたツケは今後重くのしかかる。企業の成長戦略を促すこともできずに、中小企業対応策も止まり、税金補てんでは一時的でしかないことを知らない。挙句に今後莫大な税金をつぎ込む政治では、国は崩壊するだけとなる。

関連記事

[ 2019年04月27日 09:16 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp