韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  なぜ韓国の原油が韓国籍の船を通じて北に違法搬出されるのか

なぜ韓国の原油が韓国籍の船を通じて北に違法搬出されるのか

北朝鮮は、国際制裁のフレームを緩和するために外交力の戦略的強化を図る一方で、使える船舶を総動員して違法な瀬取り(船舶間の物資の積み替え)を行い、必要な外貨と原油を確保している。これを阻むために国際社会も総力を挙げている。韓半島(朝鮮半島)の周辺海域には、米国や日本だけではなく、英国、フランス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど各国の海軍が配置されており、海上における北朝鮮の違法密売を摘発するために、24時間体制で監視活動を行っている。

ところが、こうした摘発において主役となるべき韓国の姿が見られないばかりか、むしろ制裁の穴となっているのではないかと国際社会から疑いのまなざしで見られている。昨夏、数十万トンに及ぶ北朝鮮の石炭が韓国にひそかに搬入された。まかり間違えば、韓国の国民企業である鉄鋼会社や電力会社、最大手の都市銀行までが制裁の対象となるくらいの危険な瞬間だった。幸い事は警告で済んだ。しかし、搬入されたのは何も石炭に限られていたわけではない。

国連対北制裁委員会と米政府が最近報告したところによると、韓国製の精製油が韓国の船舶まで動員され、相当量が北朝鮮に違法搬出されたという。ある船舶などは、公海上で27回にわたって16万トンの精製油を積み替えするために使用されていたことが分かった。英海軍によって違法の瀬取りが摘発されたシンガポール国籍の油槽船は、韓国から10万トン以上の精製油を違法搬出したのではないかとの疑いが持たれている。

スポンサードリンク
麗水、釜山、光陽に違法の密輸船が何度も出入りしている。驚くべきことは、韓国港湾で密輸行為が行われ、さらには韓国国籍の船舶までが動員されているというのに、これまで韓国は1件も摘発していないということだ。当然韓国海軍と海洋警察庁は、朝鮮半島の周辺海域で最も大きな監視資産を所有している。特に海軍は、小さな高速スパイ船も捕まえることができる最高水準のノウハウを持ち合わせている。貨物船や油槽船のような大きな船を摘発することができないわけがない。
http://www.chosunonline.com/

2019-03-20-k001.jpg

自衛隊機にレーダー照射してまでも瀬取りをするわけで、金正恩と文氏は電話連絡で密談でもしているのだろう。文氏は制裁緩和にむけて動き、米国に逆らってまでも金正恩に歩み寄る。統一したい国であるから制裁はしないだろう。そもそもこの国の自己都合は勝手で、約束やぶりの常習犯であるから、違法行為など気にしない。まして韓国は北朝鮮の非核化へ動くという重要な任務を捨てて、核開発に必要なフッ化水素まで密輸しているわけで、こんな国の非核化など真っ赤な嘘である事を世界は知ることである。北朝鮮も韓国も同罪であるから、韓国制裁も考慮する必要があるのは当然と言える。

関連記事

[ 2019年04月28日 12:11 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
高値で売買
北朝鮮は社会主義国だが輸入品には価格と支払いがある。
経済制裁で取引が細くなれば、取引価格は上がるだろう。
いま、石油業者にとって北朝鮮向けはもうかる商売、
なので誰かが売りに行く。
韓国の業者は国が止めないから、どんどん売りに行くのだろう。
[ 2019/04/28 12:41 ] [ 編集 ]
韓国誠意なし
韓国はうそをつくのをやめるべきだし、国際社会のルールを守るべき、でないと韓国は経済制裁の対象になる。
[ 2019/04/30 12:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp