韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国上場企業、1-3月期の営業利益4割減

韓国上場企業、1-3月期の営業利益4割減

1-3月期決算を発表した韓国の上場企業の営業利益が前年同期を40%以上下回ったことが分かった。金融情報会社のFNガイドは28日、25日までに1?3月期の決算を発表した上場企業67社(店頭市場を含む)の営業利益(連結ベース)は19兆26億ウォン(約1兆8300億円)で、前年同期(32兆4841億ウォン)を41.5%下回った。

主力業種である電子、化学分野の営業利益の低迷が目立った。サムスン電子は半導体市況の悪化で1-3月期の営業利益が6兆2000億ウォンにとどまり、前年同期(15兆6422億ウォン)を60.4%も下回った。SKハイニックスの営業利益も68.7%減の1兆3665億ウォンだった。LG化学はバッテリー部門でエネルギー貯蔵装置(ESS)火災に伴う費用を計上したことで、営業利益が57.7%減の2754億ウォンだった。SKイノベーションも石油・化学製品の利ざや縮小で53.5%の減益だった。

証券会社3社以上が業績予想を出している43社のうち、1?3月の営業利益が市場予想を10%以上下回ったネガティブサプライズの企業は13社(30%)だった。昨年末から企業業績に対する期待感がかなり低下したが、実際にはそれをさらに下回る業績にとどまった格好だ。

スポンサードリンク
2018年第4四半期にはDRAM、NANDともに売り上げが急降下となり、2年あまり続いたメモリバブルは崩壊した。現在は最悪の状態にあるが、2019年後半までにNAND市場は好転し、2020年にはDRAMも好転すると言われる。背景には、スマートフォン(スマホ)市場の予想を下回る販売数やデータセンター需要の減速などがあり、供給過剰となったことが原因とみられる。平均販売価格はDRAM、NANDともに大きく下落、サプライヤの在庫水準が上昇していくという負のサイクルに突入した。

第4四半期のDRAM需要は季節的に増えるものだが、2018年の第4四半期はモバイルとデータセンタの両方で需要が弱含んだため、これまでの需要増加傾向の流れが破綻した。5Gは、消費者に既存の携帯電話のアップグレードを促す次の大きなきっかけとはなるが、恩恵があれば、来年あたりだろうと思うが…。また2019年後半にデータセンタの需要が回復するとしている。原因が明確であるから、それが緩和或いは解消されれば、半導体メモリー関連に起因する企業は回復に向かうことになる。

DRAMについては、2019年前半の間は価格がさらに40%近く下がると予想しているため、DRAM業界の市況が回復するには2020年になるというのが専門家の見方だ。サムスンは、比較的変動が少なく、設備投資も少ないシステム半導体を視野に入れてはいるが、準備不足ですでに先端技術で君臨している企業からは大きく後れを取ることになる。

関連記事

[ 2019年04月29日 09:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
まだ大丈夫
李氏朝鮮くらべれば韓国はとても豊かだ
[ 2019/05/01 00:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp