韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  単独会談とゴルフで5時間、トランプ・安倍の蜜月関係

単独会談とゴルフで5時間、トランプ・安倍の蜜月関係

トランプ米大統領は26日、ホワイトハウスで日本の安倍晋三首相と会うと、記者団に「わが友」と紹介した。記者会見の最後にも「あなたはわたしの友人だ」と改めて強調してみせた。 26-27日にワシントンで行われた米日首脳会談はトランプ・安倍時代の格上げされた米日同盟関係を見せつけた。4月11日にホワイトハウスを訪れた文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ大統領の単独会談は2分だったが、安倍首相とトランプ大統領は40分にわたり単独会談し、27日には4時間半にわたってゴルフを楽しんだ。2人が単独会談とゴルフに充てた時間は5時間を超える。夫妻で夕食を取った時間まで含めると、2人が共にした時間は7時間に達した。

トランプ大統領と安倍首相は緊密な関係をアピールした。首脳会談が行われた26日はトランプ大統領のメラニア夫人の49歳の誕生日だった。トランプ大統領は安倍首相との単独会談に先立ち、記者団に対し、「メラニアに『安倍首相夫妻が出席してもよいか』と尋ねたのだが、メラニアは『彼以上に共に過ごしたい人はいない』と言っていた」と紹介した。また、28日の産経新聞によると、首脳会談で安倍首相がトイレに行きたいと言うと、トランプ大統領は「晋三は特別だから」と自分が普段使うトイレに案内する「特別待遇」を見せたという。

スポンサードリンク
トランプ大統領は「新しい日王(天皇)の即位の行事に招待された際、安倍首相に『行けるかどうかわからない』と答えた後、「その行事(日王即位)は日本人にとって(米国の)スーパーボウルと比べどれほど大切なものなのか」と尋ねたという。すると、安倍首相は「100倍大切だ」と答え、トランプ大統領も「それならば行く」と応じたという。
http://www.chosunonline.com/

外交の重要な部分は、安倍氏にとっても自国にとっても不可欠な友となる首脳を作ることである。上から目線だけの韓国政府では無理である。外交には緻密な努力の積み重ねが不可欠。日中間にも言える事である。日本にとって大国が敵では、相手は核保有国であり、今や米国にとって代わる存在となった中国である。米国そしてロシアに中国と、安倍首相でないと友好を保てない技でもある。

日本国内では存在感の薄い安倍首相も、海外に出れば圧倒的な存在感となる。政治は外交が命。出来れば国内もと思いたいが、今のだらしない野党がいるかぎり無理だろうし、自民党とて決して褒められる状態ではない。せめて外交くらいは他国をしのぐ実績を作ってほしいものである。現段階で安倍首相に代わる人材がいないのも問題だが、菅官房長官と二階氏、河野外務大臣を含めた人材が首相をカバーするしかない。

関連記事

[ 2019年04月29日 12:43 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp