韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  令和時代の初日…韓国では日本戦犯企業の韓国内資産売却を申請

令和時代の初日…韓国では日本戦犯企業の韓国内資産売却を申請

日帝による強制徴用被害者が大法院(最高裁)の確定判決で押収されていた日本企業の国内資産を売却してほしいと申請した。裁判所がこれを受け入れれば日本の戦犯企業の韓国内財産の売却が行われる。 あいにく1日から日本では天皇が長男に譲位した。平成時代が幕を下ろし、令和時代が開かれる日だ。19年前の5月1日は強制動員被害者がメーデーを迎えて韓国内では損害賠償訴訟を初めて提起した日でもある。

強制動員被害者の代理人団は日本製鉄(旧新日鉄住金)と不二越の国内資産を売却してほしいと各地裁に申請したと1日、明らかにした。大法院は昨年10月から日本製鉄・三菱重工業・不二越など日本の戦犯企業が強制動員被害者に損害賠償をするよう判決を言い渡した。

代理人団は大邱(テグ)地裁浦項(ポハン)支院と蔚山(ウルサン)地裁にそれぞれ新日鉄住金が所有している株式会社PNRの19万4794株〔9億7400万ウォン(約9290万円)相当〕と不二越が所有している株式会社テソンナチ油圧工業の7万6500株(7億6500万ウォン相当)を対象に売却命令を申請した。

スポンサードリンク
PNRは新日鉄住金の前身である新日本製鉄がポスコと韓国で設立した合併法人ポスコ-ニッポン・スチールRHFだ。テソンナチ油圧工業もテソン産業と不二越の合弁会社だ。この株は強制動員被害者の勝訴により今年差し押さえが行われた。 先月、代理人団は三菱重工業が持っている韓国内財産を確認するためにソウル中央地裁に財産明示申込書を提出した。代理人団側は「三菱重工業の商標権と特許権などがすでに押収された事実があるが、知的財産権以外の財産を確認するために財産明示申請を出した」と明らかにした。
https://japanese.joins.com/

もしPNRという会社が非上場会社だとすれば、株式を差し押さえたところで、一般的には換金処分するまでにかなりの時間とコストがかかると言われる。さらにもし新日鉄住金側が異議申し立てをすれば、さらに時間要する。それにかかる費用を考慮すれば新日鉄住金側が命じられた賠償額より高くなるというのが専門家の意見だ。

日本の新しい門出をこういう形の態度で示した裏で、文氏は、退位する日本の明仁天皇(原文は日王)に書簡を送り、韓日関係に寄与したことに謝意を表明しているわけで、朝鮮日報は、文大統領が德仁皇太子の天皇即位を機に、歴史問題をはじめ国防・経済など全方面で悪化している韓日関係の改善を模索していると伝えている。


関連記事

[ 2019年05月01日 18:54 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
ここは最早引き返し不能地点まで来たと思います。最小限の手間で最大限に相手が困る嫌らしいやり方での報復措置を取って欲しいです。遺憾砲は不要です!
[ 2019/05/01 19:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp