韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国海軍、2028年までにイージス艦3隻追加建造

韓国海軍、2028年までにイージス艦3隻追加建造

韓国海軍がイージス駆逐艦3隻を追加で保有する。また現在最大の島山・安昌浩(ドサン・アンチャンホ)級潜水艦(3000トン)より大きい潜水艦3隻を導入する。 防衛事業庁は30日、国防部で第120回防衛事業推進委員会を開き、広開土(クァンケド)-III Batch-II体系開発基本計画案を審議、議決した。

この事業は2028年までに3兆9000億ウォン(約3720億円)を投入して次世代イージス駆逐艦3隻を追加で導入するというものだ。米ロッキードマーチンは2016年8月、韓国海軍に次世代イージス戦闘体系を供給する契約を結んだと明らかにした。この事業が終われば海軍は世宗大王(セジョンデワン)級(7600トン)3隻に続いてイージス駆逐艦を計6隻保有することになる。 防衛事業庁は広開土-III Batch-II事業について「海洋紛争に対応し、海外平和維持活動に参加し、対空・対潜作戦能力が向上した艦艇を国内で建造する事業」と説明した。北朝鮮の核・ミサイルに対抗する核心戦力という説明は抜けた。

次世代イージス駆逐艦は対空迎撃と対弾道弾迎撃が同時に可能だ。しかし防衛事業庁は次世代イージス駆逐艦の対空ミサイル機種を選択中と伝えた。

スポンサードリンク
2013-11-17-senkaku.jpg

記事では、米国と日本がミサイル防衛システム(MD)に活用しているSM3を選択すれば韓国のMD編入をめぐる論争を呼ぶ可能性があるとしているが、韓国は一体どの国からの攻撃を想定して行動しているのだろうか…。単に日本に対抗するための軍事力競争にしか見えない。一方で、軍備の定期点検実施すらおこなわないで、老朽化が進み、使える軍備はどれだけなのかさえ不透明だ。

日本と違って、軍備の定期点検や教育訓練或いは、軍備の日常点検などなどが実施されているとは思えないほど、様々な問題が発生している。海上で発電機停止や、戦闘機の尻もちなど等、掲げればきりがない。米国にとっての韓国は軍備ビジネスとして実に良い国と言えるだろうが、単にそれだけでしかない。結局中国や北朝鮮からの反発が強まるだけとなりそうだが…。

関連記事

[ 2019年05月02日 09:35 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp