韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  「金委員長と条件なしに会う」…日朝会談に動き出す安倍首相

「金委員長と条件なしに会う」…日朝会談に動き出す安倍首相

「条件を付けずに金正恩(キム・ジョンウン)委員長と会う」。安倍晋三首相が日朝首脳会談に意欲を表した。安倍首相が「今はもう私が金正恩委員長と直接向き合う」と述べたことは何度かあったが、「条件を付けずに会う」と述べたのは初めて。 安倍首相は2日の産経新聞のインタビューで「条件を付けずに金正恩委員長と会って虚心坦懐に話し合ってみたい」と述べた。日朝首脳会談を早期に実現させるという意欲を強く表したのだ。

安倍首相は「5人の拉致被害者の帰国以来、1人の拉致被害者の帰国も実現していない。問題解決に向け当初から取り組んできた政治家として痛恨の極み」とし「国際社会との連携と同時に、わが国が主体的に取り組むことが何よりも重要だ。日朝の相互不信の殻を打ち破るためには私が金氏と直接向き合う以外ない」と述べた。

金委員長に対する評価もした。安倍首相は「(金委員長は)国家にとって何が最善かを柔軟に、かつ戦略的に判断できる指導者だと期待している」と話した。 安倍首相は「拉致問題を解決することは、まず日朝平壌宣言にのっとって国交正常化することだ」とし、2002年当時に小泉純一郎首相と金正日(キム・ジョンイル)総書記が署名した日朝平壌宣言が交渉の基礎という考えも明らかにした。

スポンサードリンク
安倍首相がこのように日朝首脳会談に強い意志を表したのは、執権後半期に外交に注力するという考えに基づくものとみられる。日本政府は外交青書で、北朝鮮に関する記述から「圧力を最大限に高めていく」という部分を除くなど、北朝鮮に対して融和的なジェスチャーを見せている。北朝鮮拉致被害者問題は安倍首相が「生涯の課題(ライフワーク)」と考えているものの一つだ。
https://japanese.joins.com/

安倍首相の行動としては良い発案に感じるが…。北朝鮮が動けば韓国は慌てるだろう。仲介が実は日本という事になれば、また違った新展開になる可能性もある。また「条件を付けずに会う」というのは、かなりトランプと話し合った感じがする。金正恩はロシアと中国をバックに、日米との間でどんな方向性を示すのかは、大きな関心事だが…。

非核化は無理云々の前に、金正恩はトランプに対し、かなりショックもあるはず。金正恩が日本にすり寄れば、日本は仲介となり、韓国に大きな圧力となるが…。

関連記事

[ 2019年05月02日 12:36 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp