韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国で日本ブーム拡大、背景に日本旅行増加

韓国で日本ブーム拡大、背景に日本旅行増加

ソウル市麻浦区の地下鉄合井駅から弘益大学方面に向かう通りには日本語が書かれた看板が並んでいる。すし屋から居酒屋、ラーメン店までジャンルも多彩だ。ハングルの看板はむしろ少ないほどだ。弘益大が近づくと、「ロッポンギ弘大」という3フロア分もある大型看板が目に入る。4階建ての建物の外壁には日本語の看板がびっしりと掲げられている。

周辺の軽食店の経営者は「4-5年前からテント式の屋台やクラブがあった場所に日本の飲食店ができ始めた。ここは日本なのか韓国なのか戸惑うほどだ」と話した。弘大入口駅周辺には日本のファッションブランド「ユニクロ」の売り場があり、春物のシャツやウインドブレーカーが売られていた。ユニクロは昨年(2017年9月-18年8月)、前年比10.9%増の1兆3732億ウォン(約1300億円)を売り上げた。韓国のファストファッションブランドであるイーランドのスパオ(SPAO、3200億ウォン)やサムスン物産の「エイトセカンズ」(1860億ウォン)を圧倒した。

最近低迷している流通・外食市場で日本式の飲食店・ブランドの善戦が目立つ。韓日の外交関係は最悪の状況だが、日本ブランドの服や食べ物は韓国の消費生活に深く食い込んでいる。このため、ただでさえ売り上げが低迷している韓国企業は対応に苦慮している。

スポンサードリンク
専門家は「実用性を強調する日本スタイルに韓国の消費者が引き寄せられている。韓国企業の対応が遅れれば、韓国の消費市場で日本ブームはさらに強まるのではないか」と指摘した。
http://www.chosunonline.com/

台湾に行くと日本人スナック街がある。日本と間違えてしまうほどだ。日本旅行者のための環境つくりの1つとなる。米国に行くと日本のすし店や、ラーメン店がある。コロラド州の日本企業に向かう途中には、日本酒造がある。雪解け水で作り上げた日本酒は実にうまかった。それぞれの地域で、観光客と日系企業との連携で、とても良いイメージを見出せる。また行ってみたいと感じるわけで、単に反日で日本料理の店を排除したところで、今の韓国では日本統治の名残は無数にある。日本人旅行客すら排除できる状態ではない。地域の経済・社会活性化し、国別旅行客のためのサービス業拡大をどのように対応するのかは重要だ。

関連記事

[ 2019年05月04日 09:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp