韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  新天皇への韓国マスコミの誤解と曲解

新天皇への韓国マスコミの誤解と曲解

日本での新しい天皇誕生は韓国でも大きく伝えられているが、一方で韓国的というか日本の現実に合わない妙な報道も目に付く。たとえば陛下の即位の際のお言葉をめぐって、保守系の東亜日報と左派系のハンギョレ新聞がともに「憲法守護の言及無し」と非難がましく大々的に伝えている。

上皇さまが即位された際には「憲法を守り」とあったが、今回は「憲法にのっとり」となっているため「既存の平和憲法に対する守護意志が弱まったもの」と“憂慮”しているのだが、KBSテレビにいたっては「軍国主義を目指す安倍晋三首相の改憲圧力をどう牽制するかが新・日王の課題」などと陛下に注文を付けている。

「立憲君主制」では君主は憲法に従い憲法を守るのは当然で、それは憲法が改正されても同じだ。それに天皇が憲法改正の是非に関与することは憲法上できないし、してはならないのにそれを無視して天皇に妙な期待をしているのだ。

スポンサードリンク
韓国マスコミはこれまで“安倍たたき”の一環として上皇さまとの対立説を事実かのようにしきりに流してきた。その延長線上の「天皇の政治利用」論で自分たちの好みに合わせた誤解、曲解だ。それよりも「天皇」を「日王」とわざわざ書き換えるという、国際的非礼について韓国の国民にちゃんと説明してあげてください。
https://www.sankei.com/

2013-10-02-watasi-1.jpg

自己都合な韓国メディアの責任も大きい。日本の皇室と言う立場を理解していない。日本国憲法がどの様に敗戦後に策定されたかすら理解が薄いのだろう。世界平和を願い、日本の皇室は、日本国の平和を願って公務する立場となる。それを政治利用するなどもってのほかとなる。過去には韓国にも皇室があったわけで、知らないはずがないのだが、メディアは歪曲して記事を掲載する。これが自国民に間違って伝わるわけで、反日メディアだから歪曲した記事を書いてよいという事ではない。メディアは常に正しく報じるのが役目となる。自国民に正しい情報を与えないのでは、メディアの役目は無い。

関連記事

[ 2019年05月04日 09:31 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp