韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  尋常でない日朝接触、韓国政府は機敏な対処を

尋常でない日朝接触、韓国政府は機敏な対処を

日朝関係が急速に動いている。安倍晋三首相は2日のインタビューで「条件を付けずに金正恩(キム・ジョンウン)委員長と会って虚心坦懐に話し合ってみたい」と述べた。これに関連し、9-12日に訪米予定の菅義偉官房長官はニューヨークで北朝鮮側と高官級接触をしたいと平壌(ピョンヤン)に伝えたという。

安倍首相が金委員長に会おうとするのは、多ければ数百人と推定される日本人拉致問題の解決のためだ。2021年9月退任予定の安倍首相は2年余り残った任期中に拉致問題を解決しようという意志が強い。しかし米国と共に「最大限の対北朝鮮圧力」に集中してきた立場で突然、北朝鮮と対話をするのは容易でなかった。

その安倍首相が電撃的に日朝首脳会談の意思を明らかにしたのは、米国から確実な「OKサイン」を受けた結果と解釈される。安倍首相は先月26日にワシントンでトランプ大統領と4時間以上の首脳会談をした結果、「拉致問題解決のための日朝首脳会談に米国は全面的に協力する」という共同声明を引き出した。

スポンサードリンク
2分間の単独会談で共同声明なく終わった4・11韓米首脳会談とは対照的だ。こうした中、日本は11年間にわたり国連に提出してきた北朝鮮人権決議案を初めて保留し、外交青書から「対北朝鮮圧力を最大限まで高めていく」という表現も削除した。ハノイ米朝首脳会談の決裂以降、対米交渉が壁にぶつかった北朝鮮としては、このように日本と接触して突破口を開くのが有利だと判断する可能性がある。金正恩委員長が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の代わりにトランプ大統領と親しい安倍首相を通じて念願の制裁緩和説得を要請すれば、日本が韓国の代わりに新しい「仲裁者」となる可能性もある。
https://japanese.joins.com/

2014-09-08-kim-1.jpg

北朝鮮が日本にすり寄ってくるのは間違いないと考えたいが…。日本を卑劣に報じてはいるが、唯一米国と対等に話ができる国であり、米国の同盟国である。韓国では何の役に立たないとみた北朝鮮が、日本に対しどういう対応をするのかは気になる部分でもある。問題は拉致被害者が今なお存在しているのか…。と言う疑問もある。以前北朝鮮のある工場の写真を見ると日本の整理整頓となる5S対応をしていたことで、日本人が指導したであろうというのは感じ取れる。しかし現段階で、どれだけの日本人拉致者が存在しているのかは難しい。金正恩がどこまで把握しているのかという事になるが…。拉致被害者が明確であれば金正恩は引き換え条件を日本に出してくるだろう。

関連記事

[ 2019年05月04日 12:11 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp