韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  20倍速い5G?実際の速度は2倍…情報を徹底的に隠す移動通信各社

20倍速い5G?実際の速度は2倍…情報を徹底的に隠す移動通信各社

「LTEでは20秒以上かかる2.5GBの大容量ファイルを、たった1秒で送れます」(LGU+)
「大容量の映画を0.8秒で、観たいときに観たい映画をお楽しみください」(KT)

5世代(5G)移動通信の商用化から1カ月を迎えた3日、LGU+とKTは「5G移動通信サービス」を自社のホームページでこのように宣伝している。両社は5GがLTEより「20倍速い」と強調している。この速度は換算すると、20Gbps(秒当たり2.5GBの伝送が可能)だ。KTとLGU+が掲げる速度20Gbpsを出すためには、28ギガヘルツ帯域基地局が設置されなければならない。

現在、通信社らが使っている基地局は3.5ギガヘルツ帯域基地局だけだ。結局、20Gbpsは「5Gの標準技術の理論上の最高速度」であるにすぎない。これから28ギガヘルツ帯域基地局が設置されるまでに数年はかかるだろうと予想される。それも人口密集地域を中心に設置される予定だ。

スポンサードリンク
5Gネットワークの現在の速度は、最も速い場合でもLTEの2倍にとどまる。モバイル通信会社が宣伝する5Gの速度は、実際の速度より10倍以上水増しされたものだ。SKテレコム(SKT)は現在5Gの速度が2.7Gbpsとホームページに公開している。もちろん、これも「LTEと5Gを結合して出せる最高速度」だ。LGU+とKTの5Gの速度はどれほどだろうか。LGU+は最大2.1Gbps(5G+LTE)、KTは最高速度2.4Gbps(5G+LTE)、1.5Gbpsだ。
http://japan.hani.co.kr/

5Gの魅力は何と言っても、最大で20Gbps(ギガ・ビット毎秒)もの通信速度を実現する「高速大容量通信」だ。日本で現在最も高速とされている、NTTドコモの4Gサービス「PREMIUM(プレミアム)4G」は、通信速度が最大で788Mbps(メガ・ビット毎秒)。20Gbpsは2万Mbpsなので、単純計算で約25倍だ。現在、国内で主流となっている「LTE」と比較すると、実質的に速度は約100倍になる。

一方で、現在のところ、スマホ以上に高速大容量のモバイル通信を必要とするデバイスが一般には普及していない。個人向けの用途はほとんど開拓できていない。このため、「消費者の5Gへの関心はあまり高くない」。自宅や会社ではWi-Fiが使えるわけで、5Gとはいえ、基地局の間隔も狭まる必要がある。本当に期待通りの速度が出るかと言う面では、場所で大きく左右されるだろう。と同時に使用料金はもっと問題となる。無限大の容量サービスで現状と同じ料金か、或いは安いのか…は今後の大きな課題となる。

関連記事

[ 2019年05月04日 12:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp