韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本とベトナムが海洋安保協力を強化、「中国をけん制する狙い」

日本とベトナムが海洋安保協力を強化、「中国をけん制する狙い」

2019年5月4日、中国メディアの参考消息網は、「日本とベトナムが海洋安全保障協力を強化する方針で一致した」とし、日本メディアが「中国をけん制する狙いがある」と指摘していることを紹介した。記事は読売新聞の3日付報道を引用し、岩屋毅防衛相が2日、ベトナム・ハノイでゴ・スアン・リック国防相と会談したことを伝えた。

読売新聞によると、両政府は会談後、防衛産業間の協力を促進するための覚書に署名した。日本政府が防衛産業間協力の覚書を結ぶのは初めてで、海洋進出を強める中国をけん制する狙いがある。覚書は、両国の防衛産業間の交流を促進することが柱で、海洋安全保障や警戒監視、サイバーなど、日本の防衛産業が得意とする先端技術分野での協力を想定しているという。

記事はまた、岩屋防衛相が、空母化の改修を行う予定の護衛艦「いずも」を6月、ベトナムに寄港させる方針を伝えたことを紹介。これについて、読売新聞が「日本政府は、重要な海上交通路である南シナ海の諸島で中国が軍事拠点化を進めていることに危機感を強めており、沿岸国に護衛艦を派遣し、連携を強める方針だ」と指摘していることも紹介した。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
2017年にインドネシアのジョコ大統領とジャカルタ南方のボゴールで会談し、中国の南シナ海進出をめぐり海洋安全保障での連携強化している。また2019年5月5日、米華字メディアの多維新聞は、インドネシアが近く、押収した外国密漁船51隻を「見せしめ」のため海上で爆破すると報じている。インドネシア政府関係者によると、今回爆破される外国漁船は、ベトナム、マレーシア、中国からの計51隻に上るという。

また今月2日、岩屋毅防衛相はベトナムの首都ハノイの国防省で、同国のゴ・スアン・リック国防相と会談し、ベトナムが中国などと領有権を争う南シナ海の問題について協議した。自衛隊艦艇のベトナム寄港や、防衛装備品に関する日本側の協力といった両国間の防衛交流促進などを議論したという。中国の潜水艦やら、今なお海洋安全は危険が多い。重要な海上交通路である南シナ海の諸島で中国が軍事拠点化を進めていることへの防衛強化は不可欠。日本は関連国との連携を、今後さらに強化する。

関連記事

[ 2019年05月05日 18:58 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp