韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮の新型戦術誘導兵器「イスカンデル」はミサイルか

北朝鮮の新型戦術誘導兵器「イスカンデル」はミサイルか

北朝鮮が今月4日、東海へ発射した短距離飛翔体のうち「新型戦術誘導兵器」が含まれていると、国防部が5日に明らかにした。一部では、この戦術誘導兵器がロシアで開発したイスカンデルミサイルと類似した弾道ミサイルであることから、北朝鮮の弾道ミサイルの発射を禁止した国連安全保障理事会の決議に違反する恐れがあるという指摘もある。ただし、安保理が北朝鮮の短距離弾道ミサイルの発射に対応したことはなく、情勢に及ぼす影響は大きくないものと予想される。

国防部は同日、「北朝鮮による短距離飛翔体の打ち上げに対する立場」を発表し、「(短距離飛翔体には)新型戦術誘導兵器をはじめ、240ミリや300ミリ放射砲が多数含まれているものと把握された」と明らかにした。国防部はこれら短距離飛翔体の射程距離が70~240キロメートルだと推定した。

特に、「朝鮮中央通信」が5日付で公開した写真を見ると、ミサイルの形の飛翔体が移動式発射車両から火炎を放射しながら空へと打ち上がる場面がある。この飛翔体は車両発射という形式と外形がロシアのイスカンデルミサイルと類似しており、北朝鮮が昨年2月8日、北朝鮮軍創設70周年記念軍事パレードで披露した「北朝鮮版イスカンデル」と見られている。

スポンサードリンク
イスカンデルは、下降する過程で急降下した後、水平飛行を続けてから、ターゲットの上空から垂直に落下する複雑な飛行軌跡を示しており、パトリオット(PAC-3)やTHAAD(高高度防衛ミサイル)による迎撃が困難なミサイルとして知られる。
http://japan.hani.co.kr/

2019-05-06-k001.jpg

INF全廃条約は、射程範囲500~5500キロの核弾頭および通常弾頭を搭載した地上発射型の短距離および中距離ミサイルの廃棄を定めたもの。両国のミサイル射程圏内に欧州の諸都市が入る危機を回避するため、1987年に締結された。また今回発射されたと思われる9K720「イスカンデル」は、ロシア製の短距離弾道ミサイル(SRBM)。固体燃料推進で、車両に搭載される移動式の戦域弾道ミサイル複合となる。飛行中、ミサイルは弾道ミサイルより低い軌道を取り、飛行最終段階には回避行動を行い、ミサイル防衛システムをかいくぐる。このミサイルは決して大気圏を離れることはなく、比較的平坦な軌道を取るという。

金正恩とプーチンとの首脳会談の実施理由が、この件だとすれば尋常ではない。北朝鮮もトランプとの首脳会談が駄目だった時の抜け道を模索していたことになる。韓国はいったい何をしていたのだろうか…。国連安全保障理事会の決議に違反する恐れと言う次元ではない。

関連記事

[ 2019年05月06日 08:30 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp