韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  北朝鮮のミサイルをミサイルと呼べない韓国政府

北朝鮮のミサイルをミサイルと呼べない韓国政府

北朝鮮は4日に短距離弾道ミサイル2発と300ミリ新型放射砲などを発射した。北朝鮮による今回のミサイル発射は18カ月ぶりで、北朝鮮に対して「弾道ミサイル技術を利用した全ての発射」を禁じた国連安保理決議にも当然違反している。

北朝鮮はしばらく軍事挑発を自制していたが、今回これを再開した意図は誰がみても明らかだ。「非核化の意志」を宣伝し制裁解除を手にしようとした計画が、ベトナムで行われた2回目の米朝首脳会談で思い通りにならないことがわかると、再び軍事的緊張を高めて米国に圧力を加えようとしているのだ。米国のトランプ大統領はツイッターで「金正恩(キム・ジョンウン)委員長は私との約束を破りたいとは思っていないだろう」と書き込んだが、その前に報告を受けた際には「金正恩は約束を破った」として激怒したとも伝えられている。

今回のミサイル発射は「地上・海上・空中など全ての空間で相手に対する一切の敵対行為を中止する」と定められた南北軍事合意にも反している。

スポンサードリンク
韓国軍はこの合意を守るためとして軍事境界線周辺での空からの偵察をやめ、西海(黄海)の5つの島を守るのに必要な砲撃訓練も中断している。ところが北朝鮮は今回、ソウルなど首都圏を直接攻撃できる射程距離70-240キロのミサイルと放射砲を発射した。韓国軍は防衛訓練を中断したにもかかわらず、相手は堂々と攻撃訓練を行ったのだ。
http://www.chosunonline.com/

朝鮮日報は、韓国政府は「北朝鮮が発射したのはミサイルではない」として相変わらず北朝鮮を擁護しているとし、合同参謀本部は当初「短距離ミサイル」と発表したが、それから40分後には「発射体」へと言葉を変え、さらに大統領府で行われた緊急会議の後、国家情報院は国会に「高度や距離などから考えるとミサイルではない」と説明したというから驚きだ。

多連装ロケットと共に「戦術誘導兵器」を発射し、北朝鮮の言う戦術誘導兵器とは、ロシア軍の短距離弾道ミサイル「イスカンデル」を忠実にコピーしたものだという記事が流れている。CNNをはじめとし、各社取り上げている。日米も情報収集しており、韓国政府の対応に、トランプは怒り爆発状態だとか…。

関連記事

[ 2019年05月06日 18:45 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp