韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  「トランプ大統領が北朝鮮への食糧支援を支持」 韓国の発表内容を米国は省略

「トランプ大統領が北朝鮮への食糧支援を支持」 韓国の発表内容を米国は省略

2019年5月8日、韓国・中央日報によると、韓国大統領府は「米国のトランプ大統領が文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談で、韓国による北朝鮮への食糧支援を支持する考えを示した」と発表したが、米ホワイトハウスの発表文には同内容が含まれていなかった。 記事によると、ホワイトハウスは「トランプ大統領と文大統領は北朝鮮関連の最近の動向と最終的かつ完全に検証された非核化の達成方法について議論した」という短い文章を発表した。

ホワイトハウスが発表文からトランプ大統領の食料支援発言を省いたことについて、記事は「閣僚らと温度差がある」と指摘している。トランプ大統領は先月11日の米韓首脳会談でも文大統領に「人道的支援には同意する」と述べていた。しかしポンペオ長官は今月5日にABC放送とのインタビューで「北朝鮮の人口の50%が深刻な栄養失調の危険にさらされているが、核兵器を保有している限りは危険が続くことを理解しなければならない」とした上で、「人道的支援は認められる。

つまり、制裁も北朝鮮に食料品の購入を認めている。土曜日(4日)の(飛翔体)発射を見て、その資金を北朝鮮住民のために使えたのにと考え、非常に残念な気持ちだった」と話したという。これについて記事は「核・ミサイルに投資するのではなく、住民のために食料を購入せよという意味だ」と説明している。

スポンサードリンク
また、ワシントンの外交消息筋も「今月9~10日に訪韓するスティーブン・ビーガン北朝鮮特別代表が食糧支援に非核化交渉への復帰などの条件を付ける可能性がある」と話しているという。ただ、国連決議案でも認められている人道的食糧支援に交渉復帰などの条件を付ける場合、それを金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が認める可能性は低いとみられている。
https://www.recordchina.co.jp/

トランプにとっては、”米国に届かないミサイル”においては考えが甘い。気を付けないとならないのは、自国防衛からすれば、日本の危険は放置されたままとなるわけで、いつまでたっても日本の脅威は変わらないという事だ。軍備だけが増加し、憲法改正が独り歩きする。日朝首脳会談で方向性が変わるのかと言えば、非常に難しい。朝鮮人の特性上、約束は破られることを頭に置く必要がある。

ところで朝鮮半島の主権争いに大国が動き出している。と言うかそういう状況を作り出しているのが、文氏であり金正恩である。日米とロシア・中国と言う構図は実に厄介だ。結局ガイドラインが軍事境界線となるだろう。韓国と言う位置は日米にとって重要となるが、韓国と言う国は重要ではない。トランプは在韓米軍と韓国をどう考えるだろうか…。軍備も在韓米軍の分担費用も韓国から搾り取るのも限界にきているが…。

関連記事

[ 2019年05月08日 12:15 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp