韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン「ギャラクシーフォールド」米国出荷、まだ決まらず

サムスン「ギャラクシーフォールド」米国出荷、まだ決まらず

サムスン電子が6日(現地時間)、折りたたみ式スマートフォン「ギャラクシーフォールド」の米国内事前予約者を対象にメールを送り、「製品引き渡し日はまだ確認することができない」と明らかにした。

先月22日にギャラクシーフォールドの出荷日程を延期した後、サムスン電子側は米国の事前予約者に「2週間以内に出荷に関する追加情報を提供する」と明らかにしていたが、今回がその後続措置だ。 この日のメールはサムスン電子米州法人のカル・ラマン最高デジタル責任者(CDO)の名前で発送された。サムスン電子米州法人は「顧客が期待する水準までギャラクシーフォールドの品質強化に向けて進展がある」としながらも「まだ出荷日は確認できない」と説明した。

サムスン電子はメールで「(顧客が)5月31日まで事前予約を再確定していない状態で製品が配送されない場合、注文は自動的にキャンセルされる」とし「5月31日に注文が自動キャンセルになることを望まなければ注文を維持してほしい」と案内した。

スポンサードリンク
ロイター通信は、サムスン電子は7日、折りたたみ式スマートフォン「ギャラクシーフォールド」は依然として出荷のめどが立たないと認めた上で、米国で予約した人々に販売遅れを謝罪したと報じた。「お客様から特に連絡がなく、われわれが5月31日までに出荷しなかった場合、予約注文は自動的にキャンセルされます」と記したお知らせを送ったという事は、見通しは暗いという事だろう…。

不名誉な世界一となる。経済低迷の中で、決してイメージが良いとは言えない。痛手になるのは間違いない。もっともこの機種はそれほど人気が高いわけではない。予約自体は注文が殺到したことを理由に既に締め切っているとしているが、それほど予約したのかさえ不透明だ。スマホを低価格帯への移行で失敗し、今では数量シェアのための宣伝スマホとなったが、それすら必要がなくなる時期に来ている。東アジアではかなりの数量が行き渡り、逆に必要がない状態であるから、こちらも対応しないと中国スマホにシェアを奪われかねない。

またアップルも必至だ。インドに中価格スマホの製造工場を稼働し、一応のシェアが得られそうと思われるが、最近のアンドロイドOSとメモリーを十分に搭載した中国スマホは、iPhone6と比較しても比較にならない。例えば、WhatsApp と Google翻訳を立ち上げて使用しているうちにメモリー不足ですぐに落ちる。今となっては扱いずらいスマホとなった。

関連記事

[ 2019年05月08日 15:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp