韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  米F-35ステルス戦闘機の欠陥暴露

米F-35ステルス戦闘機の欠陥暴露

2019年5月9日、中国メディアの新浪軍事は、「米F-35には欠陥がある」と主張する記事を掲載した。

その欠陥とは「3日に1度しか出動できず、メンテナンスに2日かかる」というもの。記事は「米軍の基準からすると、前線の戦闘機は1日平均1.5回以上の出動が求められるが、2018年のF-35の出動率は7カ月連続で30%だった」とした。また、「F-35は1回出動すると2日間メンテナンスをしないと再び出動できないという。つまり1カ月に多くても10回しか出動できないことになる」と主張した。

その上で、記事はこの原因として「部品不足」を挙げた。米政府監査院(GAO)が今年4月にまとめた報告書では「部品不足によって必要な任務を遂行できていない」と指摘されている。記事は、その背景として「F-35の信頼性の低さ」や「部品製造業者が世界中に散らばっているため、物流の問題からすぐに部品が手に入らないこと」を挙げた。

スポンサードリンク
さらに、記事は「ステルス性」にも問題があると指摘。「F-35Aは、超音速での飛行で外装に破損が生じるほか、F-35CやF-35Bは海の塩分の浸食を受ける。離陸時の振動による破損もある」などと主張した。
https://www.recordchina.co.jp/

F-35 ライトニング IIは、単発単座の多用途性を備えたステルス戦闘機。アメリカ合衆国の航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発。コンピュータによる情報統合を推し進めており、ヘルメットディスプレイによる360°視界まで実現している。電子装備の充実度はF-22を超える。コックピットのキャノピーの形状はA/Cと違い、その直後の胴体背部がリフトファンを装備している関係で盛り上がっているため、完全な水滴型(バブルキャノピー)にはなっていないという。リフトファンの吸気ダクト扉後部には二枚扉のエンジンの補助インテークがあり、低速になるSTOVL飛行時でもエンジンへの充分な吸気を行えるようになっているとの事。

またF-35Bの複雑な構造は、整備性が悪く、F-35Bの航続距離はF-35A/Cに比べて約2/3〜3/4と、かなり短くなっている。これは、リフトファンとシャフトが垂直離着陸時や短距離離着陸時にのみ使用されるため、水平飛行の際には単なるデッドウェイトとなること、およびそれらを機体内部に収容する空間を燃料搭載量を削減して確保したことによる。また同様の理由で兵装搭載量も20%ほど低下している。 2019年1月29日、アメリカ国防省は初期生産型F-35Bの抱える根本的かつ重大な欠陥について報告している、初期生産型F-35Bの飛行寿命は2100時間で設計寿命8000時間よりも大幅に短く、信頼性・整備性に関し、想定の8割で訓練等に利用できる機体も少なく、稼働率も4割以下と悪いという。

関連記事

[ 2019年05月10日 08:36 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp