韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  11年で東京は下がったのに…“恐ろしい”ソウルの物価上昇率

11年で東京は下がったのに…“恐ろしい”ソウルの物価上昇率

2019年5月9日、韓国・朝鮮日報は、ここ11年で急上昇したソウル物価の実態を報じた。 同紙は先月から今月初めにかけ、韓国ソウル・米ニューヨーク・東京・英ロンドンで食料品の物価調査を実施。調査した20品目のうち、11年前に大韓貿易投資振興公社(KOTRA)海外貿易館が現地調査を行った10品目を比較・分析した結果を伝えている。

それによると、ここ11年で韓国の米(1キロ当たり)の価格は2340ウォン(約220円)から4630ウォン(約430円)と約2倍値上がりした。米国(27%)と英国(8%)も値上がりしていたが上昇率は韓国よりかなり低く、逆に日本は23%(500円から384円)下落した。野菜も同様で、ニンジンについては4カ国のうち韓国だけが値上がりし、1480ウォン(約140円)から3480ウォン(約320円)になった。ジャガイモについても、ソウルは136%の値上がりで、日英に比べて上昇幅が大きかった。この他にも牛乳やマクドナルド、スターバックスなどの価格も他国に比べて上昇率が高く、10品目のうち韓国の上昇率が最も高かった品目は8個に上ったという。

また記事は「経済協力開発機構(OECD)の物価指数からも、韓国の食料品物価指数が2008年に比べて43.8%上昇したことが分かった」と伝えている。全体の消費者物価指数が21.4%上がったのに対し、物価上昇率はその2倍以上に跳ね上がったという。

スポンサードリンク
この流れについて、記事は「世界的な金融危機以降、先進国の消費者らは低物価時代を送ってきたが、唯一韓国だけ食べ物の物価が大幅に上昇し、買い物するのが恐ろしい国になっている」と伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/

ソウルの物価が現在も高い理由に、文大統領が、2018年7月に最低賃金の引き上げを行い、それに加え、猛暑や原油価格が上昇したことで、外食費や農産物、ガソリン代など、全体的に価格が高騰した。最低賃金引き上げにより人件費が高くなったことも理由にある。韓国では、最低賃金を引き上げることによって、コンビニのオーナーが猛反発している。日本では人材不足で営業時間抑制で大騒ぎとなっているが…。

最低賃金ぎりぎりで従業員を雇っている小売店は、最低賃金上昇による損失を減らすために、生活必需品の商品の値段が上がり、より庶民の負担が増える傾向がある。失業率の上昇も影響がある。

関連記事

[ 2019年05月11日 09:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp