韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本の医療が優れていると言われるのは、なぜなのか

日本の医療が優れていると言われるのは、なぜなのか

中国メディア・東方網は9日、「日本はどうやって世界的にトップレベルと言われる良好な医療環境を作り上げたのか」とする記事を掲載した。記事はまず、医師が日本の社会においてステータスが高く、多くの収入を得られる職業と見なされていることを紹介。その分医師になるために越えなければならないハードルは非常に高く、大学で6年学んだ後指定の病院で研修医として5年間研鑽を積み無必要があり、11年かけてようやく一人前の医師になれるとした。

また、日本の街には個人が開業する病院や診療所が多く、風邪など市民の日常的な診療ニーズを概ね満たしていると説明。中国ではしばしば末端医療機関の質に関する問題が取り沙汰されるが、日本では経験を積んだベテラン医師でないと個人開業できないようになっており、規模は小さいクリニックでも診療の質、サービスの質ともに十分保証されているのだと伝えている。

さらに、日本の医療従事者は患者を見下したり邪険に扱ったりすることなく、敬意をもって親切に対応してくれ、熱心に病状について説明してくれるとも紹介。さらに、入院病棟を含む病院内の環境が、思わず親指を立てたくなるほど優れているとしたほか、入院ベッド数も1000人あたり13.7床と世界トップで、世界平均の3.7床をはるかに上回っている点も注目に値するとの見方を示した。

スポンサードリンク
このほか、日本の公的な医療保険制度も日本で十分に医療サービスを受けることができる大きな要因になっていると指摘。1950年代からすでに「先に診療して、あとから支払う」体系ができているほか、国民皆保険制度は合法的な滞在資格を持つ外国人居住者も加入可能であり、70歳まで医療費の3割負担、70歳以降は2割または1割負担という恩恵を受けることができるとした。
http://news.livedoor.com/

日本政府は1982年に 「2007年頃に医師が過剰になる」 として、医師数の抑制を閣議決定している。ところが、医師不足が大きな問題となっている現在において、OECDの医師数の平均と比べても日本の医師数は12万人も不足している。一方の政府は、「2022年には医師が充足する見通し」 を立てているにもかかわらず、積極的に医師を増やそうとはしない。理由は、医師が増えると医療費が増える事にある。

日本医療労働組合連合会が病院に勤務する医師を対象に行った調査では、3割の医師が 「過労死ライン」 である月80時間以上の時間外労働となる実態が明らかなった。また、7割を超える意思が宿直と日勤を合わせた32時間連続の勤務を月に3回も行っていることも明らかになった。医師不足が深刻であるとされる小児科や産科の医師の勤務は過酷で、次々に医師がやめて診療停止に追い込まれる病院が続出している。

日本とて設備や薬は進歩しても、医師の数に進歩がないのでは、今後の大きな懸念となる。

関連記事

[ 2019年05月11日 16:13 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp