韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  米中貿易交渉、米が対中関税25%に引き上げも延長戦

米中貿易交渉、米が対中関税25%に引き上げも延長戦

2019年5月11日、米国のトランプ政権は10日、輸入する年間2000億ドル(約22兆円)分の中国製品にかける追加関税率を予定通り10%から25%に引き上げた。中国商務部は報復を宣言したが、実際に追加関税が適用されるのは数週間先。米中両国は協議を継続する方針で、延長戦の攻防がなお続く。

米中両国は昨年7~9月、3回にわたり相互に追加関税を発動。昨年12月の首脳会談で、追加関税を見合わせる「一時休戦」で合意し、中国の知的財産権侵害問題などの是正策を閣僚間で協議してきた。

ロイター通信によると、中国政府は米中貿易交渉の合意文書案の全7章に修正を加え、今月3日までに米国側に提示した。合意文書案は150ページ近くに及ぶが、中国政府が加えた修正はこれまでの交渉を白紙に戻すような内容だったという。さらに中国は知的財産・企業秘密の保護、技術の強制移転、競争政策、金融サービス市場へのアクセス、為替操作の各分野で問題解決に向け法律改正を行うとの約束もほごにしたとみられる。

スポンサードリンク
これに対し、激怒したトランプ大統領は5日、ツイッターに「10日に関税を25%に引き上げる」と投稿。米通商代表部(USTR)は8日、関税率を米東部時間10日午前0時1分(日本時間10日午後1時1分)に引き上げると官報で公示した。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-05-06-k002.jpg

米中両政府は9日と10日に米ワシントンでライトハイザーUSTR代表、劉鶴副首相らによる閣僚級協議を再開したが、合意できなかった。トランプ大統領は中国の習近平国家主席から8日に「問題を打開するために共に努力しよう」という内容の書簡を受け取ったとしている。米中貿易戦争は加速するほどに、互いに損失を被る。

関連新興国は持ちこたえられないわけで、保護貿易とはいえ、外交でしっかり対応してほいいと願う。ただトランプと習近平で話が付くのかと言う心配はある。

関連記事

[ 2019年05月12日 08:24 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp