韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  際立つ韓国の通貨安 1カ月で対ドル2.9%下落

際立つ韓国の通貨安 1カ月で対ドル2.9%下落

ソウル外国為替市場と韓国銀行(中央銀行)によると、先月1日から今月8日までの韓国ウォンの対米ドルレートは1ドル=1135.1ウォンから同1169.4ウォンと2.9%ウォン安ドル高が進んだ。

主要新興国の通貨ではトルコリラとアルゼンチンペソに次ぎ、3番目に下落率が高かった。トルコリラはこの間、9.0%下落し、アルゼンチンペソの下落幅は3.7%だった。トルコは米国と激しく対立し、アルゼンチンは経済状況が悪く対外債務が膨大だ。両国とも高いインフレ率で知られているが、韓国は消費者物価上昇率が2月から3カ月連続で0%台。

ウォンは特殊事情がある両国通貨に次いで対ドルで売られた。ウォンの下落幅はインドルピー(0.6%下落)やインドネシアルピア(同)、ブラジルレアル(0.2%下落)より大きい。メキシコやロシア、南アフリカの通貨はむしろ対ドルで上昇している。

スポンサードリンク
韓国・延世大経済学部のソン・テウン教授はウォン安の背景について、米中貿易摩擦が激化すれば中国に中間財を輸出している韓国が最も打撃を受けると考える外国人投資家が多いことに加え、韓国企業の競争力が低下していることを挙げる。「半導体の好況で(韓国の)輸出は持ちこたえていたが、半導体市場の景気が悪化し、その影響が通貨安に反映され始めた」と話す。
http://www.chosunonline.com/

米中貿易戦争は世界経済を下押しする。挙句に韓国の外資系企業は低迷が続く。現代自とサムスンしかニュースにしない韓国メディアだが、企業はもっと豊富にあるだろう。実態を報じるべきである。半導体過剰による生産制限で、中小企業に大きな影響を与えている。と同時に高齢化社会と物価高で財布のひもは固い。

一方、100兆円あった内部留保金は、実質かなり投資に使われたとみる。理由は上位財閥企業が大半を占めている内部留保金である。日本は400兆円ある内部留保金は、中小企業のほうが多い。投資が鈍ると言うのは、資金不足が発生しているためで、上位財閥とてかなり内部留保金に手を付けた感がある。とはいえ韓国経済自体はまだ余裕がある。銀行は日米が支えており、企業は日本がより協力しているから不思議だが…。

理由はどうあれ通貨危機にならない様に対応しているのが日本企業であるともいえる。ただ投資家は先読みであるから、今後をどう見るのかは、まだ時間をかけるだろう。

関連記事

[ 2019年05月13日 08:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp