韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  北朝鮮ミサイルの種類 韓米当局なお「共同分析中」

北朝鮮ミサイルの種類 韓米当局なお「共同分析中」

北朝鮮が短距離ミサイルと推定される飛翔体2発を発射してから3日が過ぎたが、韓国と米国の軍当局は飛翔体の種類や特性の分析を慎重に進めている。 韓国軍関係者は12日、「韓米は共同分析を進めている」として、「分析結果がいつ出るか、明確に言える段階ではない」と述べた。

北朝鮮は4日、「北朝鮮版イスカンデル」とみられる新型戦術誘導兵器を発射したのに続き、9日には同兵器と外観が似ている短距離の飛翔体2発を東海に向けて発射した。 軍事専門家らは9日に発射された飛翔体について、最大射程が500キロで、飛行中も弾頭の機動が可能のため、迎撃が困難な北朝鮮版イスカンデルと推定している。 同関係者は4日と9日の飛翔体が同じ機種かどうかについて、「外観が似ているからといって同じ機種だと断定はできない」と慎重な姿勢を示した。

米国防総省が弾道ミサイルと分析したことに関しては「公式評価ではないと理解している」として、「短距離ミサイルと推定される飛翔体」との立場を維持した。 弾道ミサイルと断定される場合、国連安全保障理事会の制裁違反にあたる。

スポンサードリンク
韓国軍は北朝鮮が朝鮮半島の緊張緩和を受けて中断していたミサイル発射を事実上1年5カ月ぶりに再開させたことを受け、追加発射の可能性を警戒している。 同関係者は北朝鮮で特異な動向は確認されていないとして、関連動向を注視しながら監視活動を行っていると明らかにした。
http://news.livedoor.com/

2019-05-13-k001.jpg

文大統領と金正恩の連絡網はあるわけで、さっさと聞けばよいだろう。何のための首脳会談なのか理解できない。韓国は統一を夢みて、北朝鮮は米国制裁解除のために動き、南の吸収には自信を見せている。それはバックのロシアと中国と言う関係がある。だが、軍事境界線は、言い換えればアジア大国間の統制ラインでもある。安倍首相が韓国潰しができない理由は、すでに韓国統治下にある企業や銀行を含め、軍事境界線の主導を米国から日本に切り替える狙いが見え隠れする。日米で動くとはいえ、戦後の復権に70年間かかり、軍事の復権はいまだ明確ではないわけだが、アジアの安全と自国防衛と言う意味では、日本主導を得たいというのが狙いでもあるとみる。

関連記事

[ 2019年05月13日 09:11 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
時間がかかるのは・・
米国が韓国軍内の親北派と反北派の分断を運動している。
韓国軍の対応が軟弱なのは、親北派が勢力を持っているから。
ミサイルが飛んだのだから、親北派には状況が不利。
問題は、反撃に使う玄武ミサイルの制御権をどちらが
握っているか。
親北派を撲滅できなければ、米軍の次の手は韓国内
クーデターの煽動だろう。
[ 2019/05/13 11:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp