韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国造船 受注競争力で中国・日本を圧倒

韓国造船 受注競争力で中国・日本を圧倒

韓国の造船業は、中国の追い上げにもかかわらず先進の建造技術を基盤に当分の間、受注競争力で中国や日本を圧倒する見通しだ。韓国鉄鋼最大手、ポスコ傘下のポスコ経営研究院は13日に発表した報告書で、「天然ガスの需要が増加し、液化天然ガス(LNG)関連の船舶が造船産業の回復をけん引している」と分析した。

報告書によると、韓国はLNG運搬船と超大型船舶でライバルの中国や日本に比べ圧倒的な受注競争力を持っている。 これまで新規発注をけん引していたLNG運搬船全体の3月現在の手持ち工事量1400万GT(総トン数)のうち、韓国の手持ち分は約1100万GTで全体の81%を占めた。 近ごろの造船業界のトレンドといえる超大型オイルタンカー(VLCC)、大型コンテナ船など超大型船舶の受注競争力でも韓国が最も優位に立っている。

韓国は大型コンテナ船全体の手持ち工事量約2000万GTのうち約1000万GTを保有し、全体の49%を占めたのに比べ、中国は24%、日本は27%にとどまった。

スポンサードリンク
VLCCは手持ち工事量約1600万GTのうち韓国が62%に当たる960万GTを保有し、中国は22%、日本は16%だった。報告書は「韓国は数十年間で数千隻の船舶を建造する中で豊富な経験とノウハウを確保しており、船舶会社のさまざまな要求を受け入れるとともに納期の順守が可能だ」とし、「韓国と中国の船舶建造技術の格差は約5.2年だ」と説明した。
http://www.chosunonline.com/

韓国政府が公的資金を投入し、船舶価格を下げて受注しているからである。赤字受注で、受注を加速しているわけで、当然受注量は多くなる。後に赤字のツケは手に負えなくなる。一方で世界造船業の輸送コストの回復で、船舶価格の正常化に努めてきた世界造船業界は、韓国の公的資金投入で大きな影響を受けている。日本造船業も同様だ。赤字受注でも、失業者が増加するよりはマシと考える韓国政府は脳がない。自国さえよければ何でもありでは困る。

最も税金は無限ではないわけで、いずれ大きなツケが来るが、世界造船業は韓国造船業がつぶれる前に、同じように危機を味わうことになる。大型船舶技術が低価格で向上すれば別だが…。一方で中古船舶業界は加速している。世界造船業が中古船舶企業を吸収し対応しても、難しいのだが、道はそれしかないのも事実。日本の中小船舶企業は自国内の船舶でしのいできたが、大手船舶企業は他産業を含めた事業が必要となる。何とも韓国の自国都合には困ったものである。

関連記事

[ 2019年05月14日 08:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp