韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  韓国・文政権の「反日」姿勢は理解不能だが…自衛隊と韓国軍の緊密連携は必要

韓国・文政権の「反日」姿勢は理解不能だが…自衛隊と韓国軍の緊密連携は必要

慰安婦問題で、日本はこれまで情理を尽くして韓国に対応してきた。米国の仲介もあって、日韓両国は2015年、「最終的かつ不可逆的に解決」することで合意した。だが、文政権は、日本が10億円を拠出した慰安婦支援の財団を一方的に解散した。

いわゆる「元徴用工」の異常判決は、日韓の請求権問題を「完全かつ最終的に解決」するとした1965年の日韓請求権・経済協力協定を反故(ほご)にするものだ。日本は当時、外貨準備が18億ドルしかなかったが、有償、無償合わせて5億ドルを韓国に提供した。韓国はこれで「漢江(ハンガン)の奇跡」と呼ばれる高度成長を遂げた。条約締結後40年もたってから問題を蒸し返す韓国という国は、まったく理解し難い。

韓国海軍駆逐艦が昨年12月、海上自衛隊哨戒機に火器管制用レーダーを照射した事件は、危険極まる行為であり、明確な海上衝突回避規範(CUES)違反である。だが、韓国側は事実関係を認めないどころか、あたかも自衛隊に非があるがごとく吹聴している。

スポンサードリンク
安全保障の分野では、日本と米国は日米同盟、韓国と米国は米韓同盟、日韓間には日韓秘密軍事情報保護規定(GSOMIA)が締結されている。朝鮮半島有事の際、日米韓は連携して対処せねばならない。友好国軍として敬意を払ってきた、私の知る韓国軍はどこへ行ったのか。日本では「韓国軍はもはや、友好国の軍隊ではない」という意見も出ている。気持ちは分かるが冷静に考えてほしい。
http://www.zakzak.co.jp/

冷静に考えてほしいと記事では言うが、冷静に考えるほどに韓国軍は必要がない。いざとなれば命を投げ出してまで協力する覚悟は無い。逃げ出すだろうし、軍備も点検不足のままである。荷物を背負うようなものだ。在韓米軍は重要となる。今の在韓米軍は日本との連携業務が含まれる。在日米軍と在韓米軍と日本で連携するしかない。約束を破り、何度も日本は裏切られてきた韓国に見切りをつけるのは当然だろう。

連携は互いの信頼で成り立つもの。韓国軍に信頼は無い。まして敵国視した連中である。除外して考えるのが妥当だ。何年間騙され続けてきたのか…。いい加減に日本は目を覚ますべきである。

関連記事

[ 2019年05月15日 15:38 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
分断作戦
>自衛隊と韓国軍の緊密連携

この連携の仮想敵国は北朝鮮だといっているが、
そんな単純なことにはならない。
韓国軍の半分が親北で、半分が親日なら、
韓国軍の幹部の白黒をはっきりさせて、
もっと仕掛けて、韓国軍を分断すべきだろう。
[ 2019/05/16 00:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp