韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国サムスンの失墜…半導体売り上げが大幅減、またも1位逃す

韓国サムスンの失墜…半導体売り上げが大幅減、またも1位逃す

2019年5月17日、韓国・聯合ニュースによると、世界の主要半導体企業のうち、今年1~3月期の売り上げの減少幅が最も大きかったのはサムスン電子であることが分かった。 グローバルIT専門市場調査機関「ICインサイツ」が同日発表した報告書によると、今年1~3月期の世界の半導体市場の売り上げは735億4800万ドル(約8兆616億円)で、昨年同期(878億2000万ドル)より16%減少した。

企業別では、非メモリー半導体中心の米インテルが昨年同期(158億3200万ドル)と大差ない157億9900万ドルで売り上げ1位を記録。上位10位企業のうち最も減少幅が小さかったという。これに対し2位の韓国サムスンは128億6700万ドルで昨年同期(194億100万ドル)より34%も減少し、上位15位企業のうちで最も大きい減少率を記録したという。3位は台湾TSMCが16%減の70億9600万ドルを記録。後には韓国SKハイニクス(26%減の60億2300万ドル)、米マイクロン(27%減の54億7500万ドル)が続いた。また、上位15位企業には、中国ハイシリコンとソニーが新たにランクインしたという。

スポンサードリンク
報告書はインテルについて「昨年10~12月期にサムスンから1位を奪還し、またもトップを守った」とし、「2017年と昨年に奪われた“半導体世界王者”の座を今年は簡単に取り戻せるだろう」と予想した。
https://www.recordchina.co.jp/

そもそも米インテルと比較する事自体が論外。半導体の種類別で比較すべし。メモリー半導体とインテルの非メモリー半導体では種類が違う。メモリー半導体とCPUを分けて比較する事である。また中央日報は売り上げは落ちていないがと記事を掲載していたが、現実は売り上げも低下で利益減が正しかったという事であるから、しっかりと報じてほしいものである。

一方で「サムスンがいなくても生きていける体制をつくりなさいというシグナルだ」と記事掲載があるが、関連企業を含めればそれは無理だろう。長い年月がかかる。だから何年も前から中小企業改革を実施するべきと報じてきたわけで、根ずくまでには長い年月を要する。

関連記事

[ 2019年05月19日 08:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp