韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国産5Gフォン、米国市場で発売…ギャラクシーS10が最大650ドル割引

韓国産5Gフォン、米国市場で発売…ギャラクシーS10が最大650ドル割引

サムスン電子がギャラクシーS10の第5世代(5G)移動通信モデルを米国で発売した。米国に完成品形態で初めて発売された5Gスマートフォンで、現在韓国国内でも販売中のモデルだ。 米国トップの移動体通信企業ベライゾンは16日(現地時間)、ギャラクシーS10 5Gを公式発売したと明らかにした。ベライゾンは現在、シカゴとミネアポリスで5Gサービスを提供している。

ギャラクシーS10 5Gは米国で販売された最初の5Gスマートフォン。先月ベライゾンが5Gサービスを始めながら販売した端末「MotoZ3」は4G LTEスマートフォンに5Gが可能な別途の通信モジュールを付ける必要がある。米経済放送CNBCはS10 5Gについて「別の設置や構成なく、そのまま5Gサービスに対応する最初のスマートフォン」と説明した。

サムスン電子とベライゾンは発売イベントとしてS10 5Gを最大650ドル(約7万1130円)割引する。いわゆる「サムスンVIPキット」プログラムだ。AT&T、T-モバイル、スプリントなど米国のほかの通信会社からベライゾンに番号移動をすれば200ドル、さらに中古フォン補償プログラムを利用すれば450ドルが追加で割引される。

スポンサードリンク
S10 5Gの米国出荷価格は256GBモデルが1300ドル、512GBモデルが1400ドル。州別に7-10%ほどの付加価値税がつくが、650ドルの割引となる場合、実際に米国でS10 5Gの消費者が支払う金額は100万ウォン(約9万1700円)未満となる。
https://japanese.joins.com/

サムスンはバッテリー発火問題以後、次期機種無料交換キャンペーン等などを実施したわけで、スマホ利益が出るはずもない。今回も割引セールで、販管費は莫大なはず。スマホで売れたのはギャラクシーの最初の機種で、その後は実はあまり利益は無いはず。メモリー半導体に舵を切ったとたんに、スマホ利益は計上されなくなったというのも不思議である。

さて、5Gの行方であるが、環境が整っても、それを利用するコンテンツがなければ、スマホの活躍は無い。まして物のインターネットとなると、それに適合した家電などを購入しないと無理。問題はこれから発生する。

関連記事

[ 2019年05月19日 08:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp