韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の経済成長率、OECD22カ国中「最下位」 

韓国の経済成長率、OECD22カ国中「最下位」 

韓国の1-3月期の経済成長率が現在まで成長率が集計された経済協力開発機構(OECD)加盟国22カ国で最下位を記録したことがわかった。 OECDは加盟36カ国のうち22カ国の1-3月期の前四半期比経済成長率を19日に公開した。韓国はマイナス0.34%で最下位だった。1-3月期にマイナス成長を記録した国は韓国のほか、ラトビアのマイナス0.30%、メキシコのマイナス0.20%、ノルウェーのマイナス0.07%の4カ国だけだった。

最も高い成長率を記録した国はハンガリーの1.50%だった。2位と3位は1%以上成長したポーランドの1.40%、イスラエルの1.28%だった。 リトアニアが0.99%、スロバキアが0.93%でそれぞれ4位と5位に入り、米国が0.78%で6位だった。韓国より経済規模が大きい英国は0.50%、ドイツは0.42%、フランスは0.30%、イタリアは0.23%など韓国より成長率が高かった。22カ国の平均成長率は0.50%だった。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)は3月に公式フェイスブックに「昨年の韓国の経済成長率が人口5000万人以上で1人当たり国民所得(GNI)が3万ドル以上の国で米国に次いで2位だった。今年は米国とともに共同1位になるだろう」と書いた。人口5000万人以上で1人当たりGNI3万ドル以上の国は米国、日本、ドイツ、英国、フランス、イタリア、韓国の7カ国だ。

スポンサードリンク
文在寅(ムン・ジェイン)大統領も9日にKBSテレビの特集対談に出演し「(成長率が) 人口5000万人以上で1人当たりGNI3万ドル以上の国の中では異例に景気が良かった米国の次に高く、いまでもそうした傾向が続いている」と話した。文大統領は「4-6月期から(成長率が)良くなり下半期には潜在成長率である2%台中後盤に回復するだろう」と述べた。
https://japanese.joins.com/

韓国の経済成長率と語っても海外工場の寄与する部分が多分にある。自国内では最悪だろう。また一人当たりの年間GNIが3万ドルを達成した時点で、既に上昇すべき限界点に達しており、伸びしろは無い。あとは海外工場拡大で投資を増やし、売り上げ利益を増加させない限りは無理となる。自国内での働き方改革を実施したところで、逆にマイナスとなる。生産効率の上昇は、しっかりとしたビジョンでなければ無理。特に日本などは独自システムで反映してきた経緯があり、そのシステムを考慮しつつ対応しないと無理がある。すぐ他国と結果だけ比較するのは問題がある。それは韓国にも言える。

韓国政府は、自国社会システムをしっかり構築し、単に非正規雇用を社員に変更し、働く時間制限を設けたところで、所得も生産効率も上昇はしない。他国の社会システムとは違う事を理解したうえで、自国システムを構築しないと駄目。看板の変更だけで済む問題ではない。もっとも韓国は製造中のサボりをなくすだけでも効率は上がるかも…。

関連記事

[ 2019年05月20日 09:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp