韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  日韓がG20大阪サミットで首脳会談?「日本は消極的、韓国は積極的」

日韓がG20大阪サミットで首脳会談?「日本は消極的、韓国は積極的」

中国メディア・法制日報は20日、来月のG20大阪サミットで日韓首脳会談が行われる可能性について、「日本側は消極的だが韓国側は積極的」と報じ、「日韓が転機を迎えられるかには依然として不確定要素が残る」と伝えた。

先月13日、日本政府関係者は「安倍首相は韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と話し合っても何の成果も見込めないとし、来月28~29日に大阪で開催されるG20サミットでの日韓首脳会談の開催を見送る方向だ」と明らかにした。今月13日には、西村康稔官房副長官も同じくG20サミットでの日韓首脳会談開催の可能性について、安倍首相が「実現は難しいだろう」との認識を示していると述べた。

記事は、「実際に、先月から日本政府はG20サミットで日韓首脳会談を行わないという意志を韓国側に示し、徴用工などの問題において譲歩を促している」「韓国はそういった問題に対する態度を改められなければ、同サミットで冷遇を受けるだろう」とした。

スポンサードリンク
続いて、「日韓首脳会談は昨年9月の国連総会期間中に行われて以来、1度も開催されていない。徴用工問題や慰安婦問題などといった原因により首脳間の交流が途絶えていることを受け、両国の関係者らは今回のサミットを契機に首脳会談を行うことに重要な意義があると見ている」と指摘。
https://www.recordchina.co.jp/

話し合う内容は山ほどあるが、今の安倍首相は、そのタイミングではないだろう。米国さらに中国そしてロシアとで忙しい。そもそもレーダー照射問題の謝罪に徴用工問題の対応が遅れ遅れの文大統領自ら説明責任があるわけで、G20の前に実施すべきことだろう。G20サミットで日韓首脳会談を開催できれば日韓関係を改善する重要な転機と言う報道をよく見るが、G20は日本を敵国視し、挙句に徴用工問題を話し合う場所ではない…。他の重要問題が山積している。

韓国はもっとよく考えるべきだろう。韓国政府が動いていない状態でG20サミットを迎えたところで、安倍首相からすれば何も改善されないわけで、話し合う余地もない。

関連記事

[ 2019年05月21日 08:37 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp