韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、自動車生産台数が減少…遠のく5大自動車強国

韓国、自動車生産台数が減少…遠のく5大自動車強国

韓国の自動車生産台数は4年連続で減少している。韓国自動車産業協会は「転換配置や生産ライン調整など労働柔軟性が不足し、韓国の自動車生産台数が減少した」と説明した。 一方、ライバル国のメキシコは同じ期間、生産台数(102万9615台)が前年同期(100万7641台)比2.2%増加した。2016年まで自動車生産台数基準で韓国は世界5大自動車強国だった。当時、メキシコの年間自動車生産台数(237万台、7位)は韓国(423万台)の56%にすぎなかった。

しかし韓国は昨年、メキシコに抜かれて6位から7位に落ちた。昨年の両国の年間自動車生産台数の差は約6万9000台だった。これが今年1-3月期には約7万2000台に拡大した。 2019年1-3月期、世界10大自動車生産国の全体生産量(1849万台)は前年同期比4.6%減少した。韓国をはじめ、中国・米国・ドイツなど7カ国の生産台数が減少した。特に中国は2018年7月から9カ月連続で新規需要が減り、今年1-3月期は10カ国のうち生産台数が最も大きく落ちた(-9.8%)。

スポンサードリンク
一方、日本(0.1%)、メキシコ(2.2%)、フランス(1.3%)は今年1-3月期に生産台数が増加した。この3カ国には輸出販売台数が増加傾向という共通点がある。
https://japanese.joins.com/

中国と米国で伸び悩む韓国自動車企業。東アジアででは唯一インドで上位にいる程度だろうか。主要な国では日本勢がしっかりと上位を確保している。日本の自動車産業は強いが、日産はルノー問題が響き、販売台数を落としている。一方現代自は、米国リコール問題が控えている。ただ台数は減少してはいるが致命的と言うほどではない。販売戦略と韓国工場でのサボり体質は改善しないと駄目だろう。

サボりを管理する工場長が過去は日本人管理者もいたと思うが…。同じ車種で中国では3分の1の時間で製造するようでは異常である。韓国の製造マンは使い物にならない。それで高い給料では論外と言える。生産効率を悪くしている人材は、徹底的に排除するか、減給及び再教育するかの処置をしないと、韓国に自動車工場すらなくなる日も近いのでは…。

関連記事

[ 2019年05月21日 15:29 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp