韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  逃げまくる韓国に「踏み絵」迫る安倍政権…対応次第では日韓首脳会談中止に

逃げまくる韓国に「踏み絵」迫る安倍政権…対応次第では日韓首脳会談中止に

安倍晋三政権が、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権に「踏み絵」を迫った。いわゆる「元徴用工」をめぐる韓国最高裁の異常判決を受けて、日韓請求権・経済協力協定に基づく「仲裁委員会の設置」を韓国政府に要請したのだ。30日以内に日韓双方が委員を選定する必要があり、大阪で6月28、29日に開かれるG20(20カ国・地域)首脳会議前に期限を迎える。韓国が対応しなければ、文氏が求める日韓首脳会談は開かれない見込みで、国際社会の「冷遇」が待ち受けている。日本政府は、国際司法裁判所(ICJ)への韓国提訴も念頭に置いている。

日本政府は今後、仲裁委員会の設置・開催に応じるよう、韓国側に強く働き掛ける意向。河野太郎外相は21日午前の記者会見で「文大統領にきちんと責任をもって対応してもらいたい」と語ったうえで、パリで22~23日に開かれる経済協力開発機構(OECD)の閣僚理事会に合わせて、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談し、仲裁委員会設置に応じるよう直接要請することを明らかにした。国家間の協定順守を求める日本側の要請に対し、韓国の外務省当局者は20日、「諸般の要素を考慮し、慎重に検討する」と述べたが、菅氏が指摘したように韓国側が応じる可能性は低い。

スポンサードリンク
立法と行政、司法がそれぞれの暴走をチェックする「三権分立」を理解しておらず、職務放棄したと思わざるを得ない。日本政府は、韓国の「不作為」が今後も続くと判断して第三国の委員も入る仲裁委設置を要請した。仲裁委のメンバーについて、日韓双方は30日以内に委員を選定する必要があり、来月28、29日に開かれるG20首脳会議前にリミットを迎える。日本外務省幹部は、日本側委員を任命したと記者団に述べており、すでに準備を終えている。
http://www.zakzak.co.jp/

この問題、長引くほどに次第に記憶の中での怒りは薄れ始めるわけで、対応の遅さは韓国政府の思惑通りとなることも考えられる。日本政府はどこまで毅然とした対応を続けられるのか…。気になる部分でもある。特に日本の場合、国民性がらして、対応が長引くことで緩和するわけで、それを十分に理解しているのが韓国政府となる。何度となく騙された日本政府の失態と言える。

今後は騙されない様に、日本を敵視した韓国であり、継続中であることを忘れない事である。今だ貿易制裁すら実施していないわけで、フッ化水素は貿易中止と報じられたこともあるが、明確な事実ではない。従ってG20での日韓首脳会談などありえないわけで、「元徴用工」問題は、韓国の問題として、自国政府が対応するというまで、警告を続ける事である。G20の前に訪日し、謝罪し、安倍首相に伝えない限りは、G20での重要項目を語り合うことは無いと伝えるべき!。

関連記事

[ 2019年05月22日 09:42 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
返金催促
日韓基本条約守らないので、40兆円返金させよう 経済制裁しなくても韓国は崩壊するのでは?プライドが高い韓国は、払うとおもうけど、万一払わないといいだしたら、経済制裁だね。
[ 2019/05/22 14:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp