韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の「世界5大自動車強国」は過去の話?

韓国の「世界5大自動車強国」は過去の話?

2019年5月21日、韓国・中央日報は、韓国の自動車生産台数が減り、「世界5大自動車強国という言葉が過去のものになった」と報じた。 記事は、韓国自動車産業協会が発表した、主要自動車生産国の今年1-3月期の自動車生産台数について伝えている。それによると、韓国は95万7402台と前年同期の96万2803台に比べて0.6%減少した。韓国の自動車生産台数は4年連続で減少している。同協会は「転換配置や生産ラインの調整など労働の柔軟性が足りておらず、韓国の自動車生産台数が減少した」と説明したという。

一方、「ライバル国」とされるメキシコは、同期間の生産台数は102万9615台で、前年同期の100万7641台に比べて2.2%増加した。韓国は2016年まで自動車生産台数から「世界5大自動車強国」に数えられ、当時のメキシコは7位の237万台で、韓国の423万台の56%に過ぎなかったという。しかし昨年、韓国はメキシコに抜かれて6位から7位に転落。昨年の差は約6万9000台だったが、今年1-3月期には約7万2000台に拡大したという。 なお記事は「韓国をはじめ中国・米国・ドイツなど7カ国の生産台数が減少した一方で、日本・メキシコ・フランスは生産台数が増加した」とし、共通点として「輸出販売台数の増加傾向」を挙げている。

スポンサードリンク
韓国自動車産業協会の チョン・マンギ会長は「世界の自動車需要が減り、主要自動車生産国間の競争が激化している。労使は協力して価格競争力を強化し、政府は電気自動車補助金制度の改編、税額控除の拡大、高級技術人材の養成を通じて、未来の自動車の競争力を高める必要がある」と述べたという。
https://www.recordchina.co.jp/

記事では、「韓国をはじめ中国・米国・ドイツなど7カ国の生産台数が減少した一方で、日本・メキシコ・フランスは生産台数が増加した」と伝えている。2018年時点で、現在の韓国市場の輸入車シェアは過去最高の17%となり、6台中1台が輸入車ということになる。 一方で、韓国車は輸出が減少し内需市場まで奪われている状況。GMにしてもルノーサムスンにしても韓国においてはマイナス要因。また現代自は米国でのクレームがあり、リコールになれば大問題となる。

今まではデザイン重視で対応してきたが、労働組合のストやら、製造品質問題が勃発し、設計及び製造部品の精度などなど問題は多岐にわたる。組織的に品質保証と言う部分で、限界にきている。一方で自国製造においては、中国工場と同じ車種で3倍もの時間を要する等、仕事中のサボりが数年前からあり、仕事に前向きではない姿勢のツケともいえる。

関連記事

[ 2019年05月23日 09:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
1社減るようだ
台数を減らしたのはルノーサムスン、ここはもう
メーカーとしてフェードアウト寸前まできている。
韓国に四輪メーカー5社は多すぎだろう。
本国工場の生産効率が悪くて、海外工場のお手本に
なれない、という最悪の経営。
[ 2019/05/23 12:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp