韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  ファーウェイ、英国初の5Gサービスをサポート

ファーウェイ、英国初の5Gサービスをサポート

英国の主要通信キャリアの一つであるEEは22日、今月30日に英国の主要6都市で5Gサービスを開始すると発表した。英国が5Gサービスを正式に提供するのはこれが初。同社は5Gネットワークの一部インフラに、ファーウェイ(華為)の設備を引き続き使用すると重ねて表明した。新華社が伝えた。

一部の海外メディアの報道によると、EEが配置するこの5Gネットワークはファーウェイの設備を使用しないという。それに対して、EEの親会社のBTの広報担当者は同日、新華社の取材に対して「以前発表した声明の通り、ファーウェイは引き続き当社に5G接続設備を提供する。同社は依然として当社が重視する、革新力を持つ設備サプライヤーだ」と述べた。

EEの説明によると、同社の5Gサービスはまずロンドン、カーディフ、エディンバラ、ベルファスト、バーミンガム、マンチェスターの主要6都市で提供される。今後はさらにブリストルやリバプールなど10都市で提供される。

スポンサードリンク
EEによると、同社の5Gネットワークは既存の4Gネットワークに基づいている。新サービスを選択するユーザーは4G・5Gネットワークに同時に接続できる。最も混雑する地域であっても、非常に良好なネット接続体験を得られる。 EEのほか、別の通信キャリアのボーダフォンは7月上旬より、ロンドンなど英国7都市で5Gサービスを提供すると発表している。同社の広報担当者も先ほど新華社の取材に対して、英国の4G・5Gネットワーク建設の一部でファーウェイの設備を使用していると述べた。
https://www.recordchina.co.jp/

中国との5G競争で、米国が何をしたいのかが一向に見えてこない。ただ排除だけが先行し、首脳会談での対応は先送りとなり、米グーグルがファーウェイへの一部ビジネスを停止し、ある言いで戸惑いを隠せない。中国政府は2017年11月に、自動運転、スマートシティ、医療映像、音声認識の4部門からなる人工知能(AI)国家プロジェクトを認定し、着実な成果を挙げている。中国の5Gインフラ投資は、米国の投資額を240億ドル(約2兆6690億円)も上回っており、米国の3万基に対して35万基の基地局を建設、建設済総数は米国の20万基に対し、中国が190万基に及ぶ。この先、中国はさらに4000億ドル(約44兆4838億円)相当の5Gインフラ投資を行うとしている。

5G機器は戦略的に他社製品との互換性を欠くものが多いことだ。現行の4G世代の通信機器や基地局にファーウェイ製品を採用すれば、将来的には5G機器も自動的にファーウェイ製品を使うことになる。一方、日本を含む海外で人気機種になりつつあったファーウェイのスマホは基幹部品の供給を絶たれ、アンドロイド端末の最大の魅力であるPlayストアのアプリが使えないことで、ファーウェイのスマホ部門の最大の危機ともいえる。とはいえ、アンドロイド後継としてグーグルが開発中のFuchsia OSをしのぐスマホOSをファーウェイが開発して世界に広め、Playストアのアプリ以上に魅力的な海外向けの中国製アプリを提供できれば、ファーウェイはピンチをチャンスに変えることは可能だ。現状無理があると考えるが、確率的にゼロではない…。米国政府に米国企業の思惑はイコールではないだけに、今後の動きに不安が残る。

関連記事

[ 2019年05月25日 08:39 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp