韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  貿易摩擦が激化しても中国の輸出企業が全く動じない理由は?

貿易摩擦が激化しても中国の輸出企業が全く動じない理由は?

外部の不確定要素が高まっているが、中国の輸出入はそのプレッシャーに耐えることができるのだろうか?第一線の企業や中国政府が発しているシグナルを見ると、米中貿易摩擦が中国経済に与える影響はコントロール可能であることが分かる。一財網が伝えた。

現在の情勢に対し、中国の政府と企業はすでにその対策を講じている。 清華大学中米関係研究センターの周世倹(ジョウ・シージエン)シニア研究員は、「輸出企業の損益を左右する重要な政策である為替レートや利率、輸出税還付率は、どれも企業の利益やコスト、資金の回転率に影響する。中国は4月1日からすでに企業が納める税金を大幅に引き下げている。また、人民元の為替レートも4月30日の1ドル6.72元から、最近の1ドル6.89元になり、1ドル当たり1角7分多くなったため、企業の負担は減り、利益が増加している」との見方を示す。

企業が講じている主な対策は、内需拡大と輸出市場を多元化し、開拓することだ。

スポンサードリンク
杭州維麗傑旅行用品有限公司の呂強(リュー・チアン)社長によると、昨年、同社の対米輸出が輸出全体に占める割合は約10%だったのが、今年はゼロになる見込みだ。しかし、輸出の多元化戦略を実施しているため、輸出は前年比で増加しているという。 他の貿易の新業態にとって、今回のリスクは逆に改革を全面的に実施するチャンスと言えるだろう。
https://www.recordchina.co.jp/

現実は関税爆弾であるから、為替を誘導するだろうと思うが…。企業の税金を増やし、内需拡大を図るというのは、中国政府ができる技でもある。米国以外の海外貿易網を切り開いていれば問題は無いが、これも現実そう単純ではない。米国の関税対応でいえば、米国への輸出を減少させて他国に切り替える策もあるが、基本的な米中貿易は大きくは変わらないと思うが…。むしろ中国が米国に示した、ボーイング社に中国「3大航空会社」が損害賠償請求のほうが気になる。似た事例で訴訟爆弾を並べる報復に出る可能性もある。

いずれにしても関税爆弾と言う自国防衛は、回りまわって米国の輸入減少や消費減少につながる可能性もあるわけで、決して米国が独り勝ちを収めるという見方は、個人的には不安が残る。貿易戦争に勝者はいないというのが個人的意見だ。むしろ関連諸国への影響が大きすぎて、世界経済を下押しする可能性のほうが高いのでは…。

関連記事

[ 2019年05月28日 08:20 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp