韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  模範生ばかりを育てる韓国の教育

模範生ばかりを育てる韓国の教育

創造性の高い児童・生徒は学年が上がるほど学業成績が低下し、決まったルールをしっかりと守る「模範生」であるほど成績が向上するという研究結果に注目が集まっている。韓国の学校教育は主に決まった正答を探し出す客観式のテストで児童・生徒を評価するため、他人とは異なった思考を行うよりも、定められたルールをしっかりと守る生徒の方が勉強がよくできる可能性が高いようだ。

韓国教育開発院は27日、「自由学期制度参加と家庭の社会・経済的地位に伴う中学生の学業成績分析」と題された報告書を公表した。2013年に当時小学校5年生だった児童7315人を対象に、その後の毎年の成績を追跡調査し、中学2年生になった時点で成績が向上あるいは下落したさまざまな要因について分析が行われている。

報告書によると、創造性が高かった児童ほど中学生になって学業成績が低下する傾向が見られたという。とくに国語や英語、数学では共通して同じ結果がでたようだ。報告書では創造性が高い児童について▲問題を解くときに新しい方法を試みる能力▲一部から全体を推測する能力▲関連がなさそうな事実を互いにつなぎ合わせる能力▲短い時間で新しい考え方が複数できる能力-などに優れていると定義した。

スポンサードリンク
これに対して普段から学校の規則をよく守り、ごみは必ずごみ箱に捨て、トイレや給食室で順番を守り、友人と遊ぶときもルールに従い、他の児童たちとの約束は必ず守り、授業時間には騒がない、いわゆる「模範生」たちは学業成績が徐々に向上していた。この結果について報告書では「定められたルールをしっかりと守る傾向が学業成績のレベルと関係がありそうだ」「独自の思考をしたり、短い時間でさまざまな新しい考えを行う創造性の高い思考能力と学業成績は明らかに違った能力かもしれない」と分析した。
http://www.chosunonline.com/

その割には、韓国政府は国家間の約束を破り平気な顔をしているわけで、記事でいう決まったルールをしっかりと守る「模範生」であるほど成績が向上するという研究結果に注目が集まっているというのは、言い換えればルールを守らないものは模範生にはなれないという事だ。大人社会で見れば、ルールの策定から、国家間の約束事となる外交を実施し、互いに調印する。韓国における最高の模範生が大統領であり、自国政府と考えれば、上記の研究結果は正しくは無い。

少なくとも、国家の信用にかかわる、国家間の重要な約束事における対応は、韓国政府は世界で一番成績が低いだろう。

関連記事

[ 2019年05月28日 16:00 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp