韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  スマホ商戦異状あり ファーウェイ急減、アップルも逆風

スマホ商戦異状あり ファーウェイ急減、アップルも逆風

国内のスマートフォン市場に異変が出始めている。値頃感を売りに販売を伸ばしてきた中国・華為技術(ファーウェイ)製品が、米国の輸出制限を受けて急減。日本で人気の米アップル「iPhone(アイフォーン)」も、通信契約を条件に端末代金を割り引く手法が秋に禁じられることで落ち込みが予想されるからだ。

華為の2018年度の出荷台数は、MM総研によると188万台。上位陣が軒並み前年割れする中、前年度より6割増え、シェアも7位から5位に上がった。NTTドコモなど携帯大手3社の期待も大きく、今夏モデルにそろって新製品「P30」シリーズを投入する予定だった。 ところが、夏商戦が始まる直前の5月15日に米国の輸出制限が発表され、目算が狂った。3社とも発売延期や予約受け付けの停止に追い込まれた。

華為は、販売中の端末にアフターサービスなどへの影響はないとして「安心して買ってほしい」と呼びかけたが、消費者の疑念はぬぐいきれなかった。

スポンサードリンク
調査会社BCNによると、米国が輸出制限を発表した15日に国内の大手家電量販店で売れたスマホのうち、華為のシェアは15・3%とアップルに次ぐ2位だったが、22日には5・0%と3分の1に急落。一方、22日のアップルは46・3%と1週間前から8・4ポイント伸ばした。シャープやソニーは微減で、韓国・サムスン電子は微増だった。
http://news.livedoor.com/

アップルが突如新型iPod touchを発表した。プロセッサーにはA10 Fusionを搭載し、ストレージは最大256GBが用意される。価格は税別2万1800円から。A10 Fusionといえば、iPhone 7 /iPhone 7 Plus、第6世代iPadに搭載されているプロセッサーだ。アップルはA10 Fusion搭載のメリットについて「従来モデルの2倍のパフォーマンス」がゲームに最適であること、そして「iPodとしては初めて」のAR体験や、グループFaceTimeで威力を発揮すると述べている。

今秋日本でも登場予定のApple Arcadeでは「100本以上の新作ゲームが独占配信」される。さまざまなモバイルゲームをとことん楽しみたい人にはうってつけの"携帯ゲーム機"と言えるだろう。もちろん、音楽や動画などのストリーミングサービスを楽しむデバイスとしても活躍する。3.5mmのイヤホン端子も搭載する。アップルは自社製品を最大限に使ったサービスで優位に進める戦略だ。

関連記事

[ 2019年05月29日 09:32 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp