韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自が2階建て電気バスを公開、1回の充電で300キロ走行

現代自が2階建て電気バスを公開、1回の充電で300キロ走行

現代(ヒョンデ)自動車が、2階建て電気バスを初めて披露した。29日、現代自は今月末まで、京畿道高陽市一山(キョンギド・コヤンシ・イルサン)にあるKINTEXで開かれる国土交通技術大典で、2階建て電気バスを初めて公開した。現代自が2017年12月から18ヶ月間、国土交通部が支援する韓国型大容量2階建て電気バスの課題を遂行し開発した車だ。

今回披露された2階建て電気バスは、全長が1万2990ミリ、全高が3995ミリ、全幅が2490ミリの大きさだ。運転を除いて、乗客70人(1階は11席、2階は59席)が乗ることができる。現代自は、1階の出入口を低く作り、車椅子の搭乗が可能な電動式傾斜板を導入して、交通弱者がより楽にバスに乗車できるようにした。車両の内部には、2つの車椅子の固定スペースもある。384kwhの大容量・高効率水冷式リチウムポリマーバッテリーを搭載し、1回の充電での走行距離は約300キロだ。完全に充電するのにかかる時間は72分だ。

また、搭乗客の安全のために、運転手が意図した運転方向を把握して車両の制御力を維持するのに役立つ「車体姿勢制御(VDC・Vehicole Dynamic Control)」機能などを適用した。
http://www.donga.com/

スポンサードリンク
沖縄で、クルーズ客船の船舶代理店業務を行っている有限会社沖縄シップスエージェンシー(那覇市)が、自動車、IT製品などを製造する中国大手BYDの電気バス10台を導入し、2018年春から運行を開始している。導入されたのは、電気バス「K9」。実はこのK9は、2015年に京都市の路線に5台が導入されており、日本導入は2カ所目となる。

暑い沖縄では、待機中にエアコンをかけるため、ディーゼルエンジンのバスでアイドリングをしていると排ガスが臭く、お客に不快感を与えるというのが理由だ。K9は、1充電で250km以上(エアコン使用時)走行できる。1日走っても14~15km/1台であるから、4日に1回のペースでの充電で済む。2020年4月に宮古島(沖縄県)と沖縄本島の本部港を結ぶ官民連携の20万トン級の岸壁が完成し、1隻あたり約6000名の乗客が利用するため、それに合わせてさらに80台増車する予定だ。

公共交通機関である電気バスは、ロンドン(イギリス)、ニューヨーク(アメリカ)、ロサンゼルス(アメリカ)、ドイツなど西側諸国でも、中国のBYDの電気バスが相当数が導入されており、その販売シェアは世界ナンバーワンとなる。

関連記事

[ 2019年05月31日 08:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp