韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北の新型ミサイル生産施設が完工段階に

北の新型ミサイル生産施設が完工段階に

北朝鮮の固体燃料ミサイルを製造している「咸興ミサイル工場団地」の地下施設が、事実上完工したことが31日までに分かった。韓国軍の関係者は「北朝鮮は、非核化交渉中も咸興ミサイル工場団地を拡張・改善してきた。ミサイル工場地域の外郭で巨大な地下施設が新たに完工、もしくは拡張された動きをとらえた」と語った。北朝鮮は韓米の監視網を避けて、地下施設でミサイルの胴体やエンジンなどの組立・保管を行ってきた。咸興団地が、外部のミサイル工場に続き地下施設まで備えた総合ミサイル団地になった、ということを意味する。

こうした事実は、衛星地図サービス「グーグル・アース」を通しても確認できる。2017年の写真では、咸興団地北西部の地下施設で工事をしている様子がはっきり分かった。地下施設の入り口と推定される場所には工事用の資材や土が積み上げられ、地下施設に入っていく道も、随所に盛り土がなされていた。ところが今年2月の写真には、地下施設付近がすっきり整理されている様子がとらえられていた。一部はコンクリートなどで舗装されていた。

スポンサードリンク
咸興団地は、北朝鮮の最も代表的な固体燃料ミサイル生産施設だ。最近北朝鮮が試射に成功した短距離弾道ミサイル(SRBM)「イスカンデル」や潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星1型」などが、固体燃料タイプのミサイルとして作られている。固体燃料を使うと、発射直前に燃料を注入しなければならない液体燃料タイプとは違い、ミサイルの奇襲発射が可能だ。
http://www.chosunonline.com/

アメリカや日本が最終的に求めている「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」が達成される前に、北朝鮮への裏取引や瀬取り等で、北朝鮮が再び息を吹き返す可能性がある。当然韓国をそれに加担しているだろうし、ロシアや中国も関係している。文大統領が北を向いている間は、韓国から制裁緩和を実施継続する可能性は高い。

北朝鮮は韓国を利用し、韓国は北朝鮮との統一を目指す。しかし統一話は、政治が合わず、70年間も分離したままの歴史を見れば、今後も交わることは無い。まして北朝鮮は核を保有するとなれば、自国防衛においてアジア各国のみならず、米国にとっても厄介となる。米朝首脳会談は成功しない。北朝鮮はひたすら核開発した技術を、米国を信じて廃棄するなどという事はしないだろう。常に万一に備えるはず。

関連記事

[ 2019年06月01日 09:06 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp