韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  韓日国防相、哨戒機問題後初の会談も溝埋まらず

韓日国防相、哨戒機問題後初の会談も溝埋まらず

韓日の国防長官が1日、シンガポールでのアジア安全保障会議(シャングリラ会合)に合わせて会談したが、「哨戒機・レーダー照射問題」に関する立場の違いを埋めることはできなかった。 

韓国国防部(省に相当)の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)長官と日本の岩屋毅防衛相は同日、シンガポールのシャングリラホテルで約40分にわたり非公開で会談し、国防交流の正常化について話し合った。

韓国国防部は「鄭長官は岩屋防衛相に対し、(昨年12月に)韓国艦艇が日本の海上自衛隊の哨戒機に向かって『追跡レーダー』を照射したというのは明らかに事実無根であるという点を直接説明した」とコメントした。さらに「問題の本質は、日本の哨戒機の近接威嚇飛行にあるため『海上衝突回避規範(CUES)』と国際法を遵守する必要があるという点も強調した」と説明した。

スポンサードリンク
一方、岩屋防衛相は「韓国側の軍艦が日本の自衛隊の哨戒機にレーダーを照射した」という従来の主張を繰り返し、再発防止を求めた。 ただし両長官は、関連する実務協議を引き続き推進することで一致した。哨戒機・レーダー問題対応でも両国は「ローキー(low-key=抑制的な)」外交を維持するものとみられる。
http://www.chosunonline.com/

「哨戒機・レーダー照射問題」に関する立場の違いを埋めることはできなかったというが、日本は理解しているわけで、わざわざ会議に出る必要がは無かっただろう。北朝鮮との瀬取り現場をみられてのレーダー照射と考えれば、わかるはず。溝が埋まるはずもない。日本政府の動きは悪い。そういう態度対応は避けるべき。韓国側が理由を明確にし、日本政府に謝罪するまで、無視するのが一番である。

日本政府は目を覚ますことである。長い時間にいつも負けて譲歩してきた日本政府である。敵国視された状態で日本から会う必要はない。韓国制裁を早く実施する事である。

関連記事

[ 2019年06月03日 08:26 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp