韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中小企業に韓国輸出の道開く 日本での商談・販促展で成果

中小企業に韓国輸出の道開く 日本での商談・販促展で成果

韓国中小ベンチャー企業部は2日、千葉・幕張メッセで先月17~19日に開かれた韓流イベント「KCON 2019 JAPAN」との連携行事として開催した中小企業製品輸出商談・販促展で109億ウォン(約10億円)分の契約を推進するなどの成果があったと発表した。

韓国の総合コンテンツ大手、CJ ENM主催のKCONはK―POPや韓流ドラマなどの文化コンテンツと情報技術(IT)、ファンション、ビューティーなどのメーカーの海外進出を連携させたイベントで、韓流の拡散と企業の海外進出を目標とする。 同部は2014年から韓流を活用した「大企業・中小企業同伴進出支援事業」の一環としてKCONと連携した中小企業海外販促支援事業を推進している。ここ5年間で493社が計187億ウォンに上る輸出の成果を得た。

今年は50社が参加し、会場での販売額は3日間で過去最高の2億ウォンに達した。昨年に比べ95%増加した。 先月16日に開かれた輸出商談会でも日本のバイヤー120社と計109憶ウォンの契約を推進した。

スポンサードリンク
同部は8月に米国、9月にタイで開かれるKCONでも中小企業輸出商談・販促展を開催する予定だ。 同部の朴映宣(パク・ヨンソン)長官は「世界的に拡散している韓流ブームを積極的に活用し、さらに多くの中小企業が新たな市場に挑戦できるよう海外進出のためのコンサルティングなど政策的支援を集中的に行う」との方針を示した。
http://www.chosunonline.com/

日韓の今の状況下でも、K-POPや韓流商品は人気がある。日韓問題と逆行した動きの中で、韓流関連は過去最高売り上げを更新している。K-POPはオリコンで常に上位を独占し、また韓流ドラマはいまだ人気が高い。この状況をどう見ているのか…。そういう部分を聞いてみると、韓国政府や韓国経済・社会に関心は無い。あくまでK-POPの世界のみ或いは、韓流ドラマや韓流スターの世界のみという答えが返ってくる。

韓国芸能となる韓流文化に興味があるわけで、それ以外に興味は無いという事の様だ。日韓問題が拡散しても、韓流文化は過去から継続している。まだまだ韓国経済・社会の関心は低い。

関連記事

[ 2019年06月03日 08:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp