韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済最後のとりで、揺らぐ経常収支黒字

韓国経済最後のとりで、揺らぐ経常収支黒字

韓国の5月の輸出が前年同月比で9.4%減少した。4月(2.0%減)よりも減少幅が拡大した。輸出品目でトップの半導体の輸出が31%も減少し、対中輸出も20%の落ち込みだった。5月の貿易収支は22億7000万ドルの黒字だったが、前年同期を64%も下回った。

輸出がマイナスに転じたのは6カ月前からで、不吉な兆候だ。韓国政府は商品、サービス、所得の各収支を総合した経常収支は83カ月連続の黒字が4月でストップする可能性があるとの見方を示している。4月の経常収支が外国人への配当支払いで小幅の赤字になるとの予想だ。

外国人への配当は毎年4月に海外に流出するドル建て資金だ。経常収支が7年ぶりに赤字となれば、主因は輸出減少なのだが、それを認めたくないために他の理由を付けた格好だ。5月の貿易収支黒字が4月(40億ドル)の約半分に減少した点からみて、経常収支の赤字が5月も続く可能性がある。輸出全体の21%を占める半導体の価格(8ギガビットDRAM)が最近4ドルを割り込んだ。市場は半導体価格の回復時期が来年4?6月にずれ込むとの見方が出ている。

スポンサードリンク
輸出は韓国経済を支える柱だ。韓国政府は2005年以来13年ぶりに昨年の民間消費の伸び(2.8%増)が経済成長率(2.7%)を上回ったと自慢しているが、輸出は昨年の経済成長率に半分程度寄与した。今年の成長率予測値(2.5%、韓国銀行)のうち内需と輸出の寄与度はそれぞれ1.5ポイント、1.0ポイントだ。輸出のマイナスが続けば、成長目標の達成は難しくなる。
http://news.livedoor.com/

朝鮮日報は、韓国経済の対外信用度を支えてきた2本の柱は財政の健全性と経常収支黒字だと報じている。財政の健全性は税金ばらまきで急激に損なわれており、経常収支までもが7年ぶりに赤字となれば、対外信用度に赤信号がともりかねない。外国為替市場では既に不安な兆候が見られる。ウォンの対ドル相場は年初来で7%も下落し、1ドル=1200ウォンを割り込むウォン安水準が迫っているとした。

経常収支が所得-内需を理解していれば、今の経常黒字は、内需縮小で、貿易依存度の高さから、貿易重視を語りたがる。中小企業9割近い雇用率と日本よりも高い雇用率は、内需活性化で維持されるの本来である。政府が外資系企業の大企業化を後押し、日本への対抗心をむき出しで、日本企業と競争すれば、人口が日本の半分以下の国で、大企業が生まれるほどに産業は限定される。日本の様に多種多様な産業では無くなるわけで、中小企業も限られた産業の傘下となり、良い時と悪い時の差は明確となる。

韓国の経常収支の黒字は悪い黒字であり、内需縮小の表れであるあkら、朝鮮日報はもっと勉強する必要があるだろう。中小企業が日本よりはるかにレベルが低いことを理解していない。

関連記事

[ 2019年06月03日 09:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp