韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の輸出が6カ月連続で減少、4月経常収支も赤字転落予想

韓国の輸出が6カ月連続で減少、4月経常収支も赤字転落予想

韓国産業通商資源部(省に相当)は1日、韓国の5月の輸出が前年同月比9.4%減の459億1000万ドルだったと発表した。減少は6カ月連続となる。 輸出の減少幅は2月の11.4%減から4月には2%減へと縮小したが、5月は再び拡大した。産業通商資源部は「米中貿易戦争のエスカレート、半導体市況の不振、中国の景気後退に伴う輸出減少が主因だ」と説明した。

主要13品目のうち10品目の輸出が前年同月を下回った。半導体の輸出は4月の13.7%減から5月には30.5%減へと減少幅が大きく拡大した。半導体の単価下落、スマートフォンの需要低迷、比較対象となる昨年が好況だった点などが複合的に影響を与えた。無線通信機器(32.2%減)、石油化学(16.2%減)、ディスプレー(13.4%減)、石油製品(9.2%減)、鉄鋼製品(7.6%減)、自動車部品(7.5%減)も不振だった。

自動車(13.6%増)、船舶(44.5%増)は2桁台の伸びを示した。地域別では中国と欧州連合(EU)へと輸出が大幅に減少した。特に対中輸出は20.1%減だった。

スポンサードリンク
輸出が大幅に減少したことで、5月の貿易収支は22億7000万ドルの黒字にとどまった。88カ月連続の黒字だが、黒字幅は昨年5月の62億2900万ドルに比べ3分の1に縮小した。4月(40億300万ドル)と比較しても43%減少した。貿易黒字の減少で4月の経常収支は赤字が予想される。
http://www.chosunonline.com/

経常収支が赤字になるという事は、経常収支が所得-内需ならば、内需の縮小よりも、所得が減少したことになるわけで、最悪だろう。中央日報などは売り上げは落ちていないと報じていたが、そうではない。売り上げ減少で、受注数量も減少した中で、単価が下がった半導体では、利益は大きく減少する。朝鮮日報記事をみると、主に半導体産業、石油商品、自動車産業、船舶産業が主であり、船舶産業は赤字受注であるから、当然後に大きなツケが来ると、このサイトでも伝えてきた。

そして自動車産業の低迷。在庫過剰で欧州でも価格を下げても在庫は緩和せずに、売れなかったわけで、経常収支の所得部分が大きく減少したことを意味する。最悪の状態という事だ。米国は内需拡大での赤字であるが、韓国は内需縮小で、このサイトで悪い黒字と報じたが、所得はさらに縮小した内需よりも減少したという事であるから、やはり経済大低迷であることの証拠となる。

関連記事

[ 2019年06月03日 09:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp